ネル・ホール・ホップマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネル・ホール・ホップマン Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Nell Hall Hopman
フルネーム Eleanor Mary Hall Hopman
愛称 ネル
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・シドニー
生年月日 1909年3月9日
没年月日 1968年1月10日(満58歳没)
死没地 同・ビクトリア州ホーソーン
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(1939・47)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(1935・37・55)
全仏 優勝(1954)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 優勝(1930・36・37・39)
全英 準優勝(1935)

ネル・ホール・ホップマンNell Hall Hopman, 1909年3月9日 - 1968年1月10日)は、オーストラリアシドニー市クーギー出身の女子テニス選手。本名は Eleanor Mary Hall Hopman (エリナー・メアリー・ホール・ホップマン)といい、「ネル」は彼女の愛称である。ハリー・ホップマンの妻として、夫婦ペアの混合ダブルスで活躍したのみならず、自らも優れたテニス教育者であり、「ビクトリア・ローンテニス協会」(Lawn Tennis Association of Victoria)の顧問としてオーストラリアの若手女子選手の育成に尽力した。

概要[編集]

エリナー・メアリー・ホールは故郷のランドウィックにあるクラレモント大学で、テニスと音楽に優れた才能を発揮した。学生時代から勤勉さを育み、毎日6時間ピアノの練習に励んだ彼女は、1928年ロンドン王立音楽大学の教員免許状を取得したが、職業としてテニス選手の道を選んだ。1930年全豪選手権混合ダブルスで、ホールはハリー・ホップマンと出会い、2人はジャック・クロフォード&マージョリー・コックス組を破って初優勝した。4年後の1934年3月19日、ネル・ホールとハリー・ホップマンは結婚式を挙げ、彼女は2つの姓を併用して「ネル・ホール・ホップマン」と名乗るようになった。音楽はその後も、彼女の人生に欠かせないくつろぎと喜びをもたらすものであった。

結婚の翌年、1935年にネルとハリーはウィンブルドン選手権の混合ダブルスで決勝に進出した。2人はこの決勝戦で、地元イギリスのフレッド・ペリー&ドロシー・ラウンド組に 5-7, 6-4, 2-6 で敗れた。それから、2人は全豪選手権の混合ダブルスで1936年1938年1939年に優勝し、夫婦ペアとして3つの優勝を加えた。4度目の混合ダブルス優勝を決めた1939年の全豪選手権で、ネルは初めて女子シングルス決勝に進出したが、ここではエミリー・ウェスタコット1910年 - 1980年)に 1-6, 2-6 で完敗してしまう。

自らの選手経歴を築く傍ら、ネル・ホップマンは1938年にオーストラリア女子選手による海外遠征チームのキャプテンを務め、9ヶ月間にわたってヨーロッパ、イギリス、アメリカを遠征した。「オーストラリア・ローンテニス協会」が女子選手のための海外遠征を支援し始めたのは、これが2度目だった。当時は女子選手のための国際的なテニス団体戦がなく、オーストラリアの女子選手たちは海外に出るチャンスが限られていた。(当時行われていた女子テニス団体戦「ワイトマンカップ」は、アメリカイギリスの女子選手によるチーム対抗戦だった。)その後間もなく第2次世界大戦が勃発し、テニス競技大会も戦争のため開催中止を余儀なくされる。ホップマンは戦時中、赤十字社のボランティアやイギリス軍の秘書の仕事をした。

終戦後の1947年、ネル・ホール・ホップマンは全豪選手権で8年ぶり2度目の女子シングルス決勝進出を決めたが、今度はナンシー・ウィン・ボルトンに 3-6, 2-6 で敗れ、この部門では2度目の準優勝に終わった。女子でもオーストラリア勢と海外選手の対戦機会を増やしたいと願い、ホップマンは「オーストラリア・ローンテニス協会」に説得を続ける。1949年1950年の全豪選手権では、アメリカ女子のトップ選手であったドリス・ハートルイーズ・ブラフの全豪出場を実現させた。1952年から1953年にかけては、モーリーン・コノリーをオーストラリアに招待した。コノリーは1953年の全豪選手権で初優勝を飾り、女子選手初の「年間グランドスラム」への第一歩を踏み出した。ホップマン夫妻とコノリーは親しい間柄になり、ネルとコノリーは1954年全仏選手権女子ダブルスで優勝した。

1960年代に入ると、若手の女子選手たちはより自由な海外遠征を求めるようになり、個人戦よりもチーム団体戦を重視してきたホップマンと意見の対立が多くなった。この点は、オーストラリア人名事典では、「ホップマン夫妻に子供がなく、ネルは若手選手たちが教育者やコーチ、チーム監督に期待する事柄の変化を理解できなかった」と述べられている[1]。ようやく1963年に、女子テニス国別対抗戦「フェデレーションカップ」が創設され、オーストラリアは第3回大会の1965年に初優勝を遂げた。ホップマンは1965年に女性として初めて「ビクトリア・ローンテニス協会」の終身会員に選ばれたが、その直後から激しい頭痛に悩まされるようになり、1966年脳腫瘍の手術を受けた。1968年1月10日、夫のハリーがまだデビスカップ監督を務めていた間に、ネル・ホール・ホップマンは頭蓋内腫瘍のため58歳で死去した。

主な成績[編集]

  • 全豪選手権
    • 女子シングルス:準優勝2度(1939年・1947年)
    • 女子ダブルス:準優勝3度(1935年・1937年・1955年)
    • 混合ダブルス:4勝(1930年・1936年・1937年・1939年)
  • 全仏選手権 女子ダブルス優勝:1954年
  • ウィンブルドン選手権 混合ダブルス準優勝:1935年

脚注[編集]

  1. ^ オーストラリア人名事典(英語)