ネルソン・レイクス国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nelson Lakes National Park
IUCNカテゴリII(国立公園
Lake Rotoiti 122009 100.jpg
地域 ニュージーランドの旗南島
最寄り セント・アーナウド英語版
座標 南緯41度49分9秒 東経172度50分15秒 / 南緯41.81917度 東経172.83750度 / -41.81917; 172.83750座標: 南緯41度49分9秒 東経172度50分15秒 / 南緯41.81917度 東経172.83750度 / -41.81917; 172.83750
面積 1,020 km²
創立日 1956年
運営組織 ニュージーランド環境保全省

ネルソン・レイクス国立公園Nelson Lakes National Park)は、ニュージーランド南島北部(ネルソン地方タスマン地方にまたがる)にある国立公園である。サザンアルプス山脈の最北端に位置する。

概要[編集]

南島の北部に位置する。1956年に開設された。国立公園内には、2つの大きなであるロトイチ湖英語版ロトロア湖英語版が広がる。最寄の町であるセント・アーナウド英語版は、ロトイチ湖の北側に広がる町である。それ以外にも、コンスタンス湖英語版ブルー湖英語版、といった小さな湖が点在する。

国立公園内には、トラヴァース川英語版サビーン川英語版デュルヴィル川英語版といった渓谷を有している。トラヴァース川は、ロトイチ湖に、サビーン川とデュルヴィル川は、ロトロア湖に流入する。ロトイチ湖から流れ出すブラー川英語版はロトロア湖から流れ出すゴーワン川英語版と合流し、さらに、国立公園内に源流を持つマタキタキ川英語版マーチソン英語版近郊で合流する。ネルソン・レイクス国立公園内の河川の多くは、ブラー川水系を形成する。

ネルソン・レイクス国立公園に源流を持つブラー川水系が形成されたのは、最後の氷河期のことであると考えられている[1]

タスマン地方の最高峰は、国立公園内にあり、フランクリン山英語版で、標高2,340メートルである。

生態系[編集]

植物相[編集]

ネルソン・レイクス国立公園の植生の中心は、ブナである[1]。温暖な場所や低地では、アカナンキョクブナ英語版ギンナンキョクブナ英語版、標高が高い所では、ヤマナンキョクブナ英語版が自生する[1]

動物相[編集]

ネルソン・レイクス国立公園では、野鳥の楽園である。確認されているだけでも、ニュージーランドヒタキニュージーランドロビン英語版ミドリイワサザイが生息している[1]。また、カカも生息する[1]

アクティビティ[編集]

トレッキングニュージーランド英語でトランピング)をネルソン・レイクス国立公園でも楽しむことができる。ニュージーランド国内に9ヶ所あるニュージーランド・グレート・ウォークス英語版は無いものの、行程80キロメートルのトラヴァース=サビーン・サーキット(Travers-Sabine Circuit)[2]をはじめとし、ロトロア湖周辺のフラワー・ブラザーズ・ウォーク(Flower Brothers Walk)[3]やロトロア湖周辺にさまざまな長さで設けられたトレッキングコース[4]、ロトイチ湖周辺に設けられた複数のトレッキングコース[5]、行程21.4キロメートルのアンジェラス湖へのトレッキングコースがある[6]

それ以外のアクティビティは、登山マウンテンバイクボート釣り狩猟を楽しむことができる[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Features”. ニュージーランド環境保全省. 2014年3月5日閲覧。
  2. ^ Travers-Sabine Circuit”. ニュージーランド環境保全省. 2014年3月5日閲覧。
  3. ^ Flower Brothers Walk”. ニュージーランド環境保全省. 2014年3月5日閲覧。
  4. ^ Lake Rotoroa Walking tracks”. ニュージーランド環境保全省. 2014年3月5日閲覧。
  5. ^ Lake Rotoiti Walking tracks”. ニュージーランド環境保全省. 2014年3月5日閲覧。
  6. ^ Angelus Hut tracks and routes”. ニュージーランド環境保全省. 2014年3月5日閲覧。
  7. ^ Activities in Nelson Lakes National Park”. ニュージーランド環境保全省. 2014年3月4日閲覧。

外部リンク[編集]