ネラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nérac
Blason ville fr Nerac (LotGaronne).svg
Nérac vieux pont 4.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) アキテーヌ地域圏
(département) ロット=エ=ガロンヌ県Blason département fr Lot-et-Garonne2.svg
(arrondissement) ネラック郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 47195
郵便番号 47600
市長任期 ニコラ・ラコンブ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Val d'Albret
人口動態
人口 6 885人
2006年
人口密度 110人/km²
住民の呼称 Néracais, Néracaises
地理
座標 北緯44度08分53秒 東経0度20分42秒 / 北緯44.147971度 東経0.345039度 / 44.147971; 0.345039座標: 北緯44度08分53秒 東経0度20分42秒 / 北緯44.147971度 東経0.345039度 / 44.147971; 0.345039
標高 平均:m
最低:38 m
最高:191 m
面積 62.68km² (6 268ha)
Néracの位置(フランス内)
Nérac
Nérac
公式サイト site officiel
テンプレートを表示

ネラックNéracガスコーニュ語:Nerac)は、フランスアキテーヌ地域圏ロット=エ=ガロンヌ県コミューン

地理[編集]

コミューン内をベーズ川が横切り、コミューンの西側をジェリーズ川が境界となって流れる。およそ10マイル北で、2つの河川はガロンヌ川と合流する。

歴史[編集]

アルブレ家の宮廷が置かれたネラック城

ネラックの語源は定かでない。一つの説として、ネラックとはガロ=ローマ時代の人名Neriusに接尾辞の-acumが付けられ派生したのではないかというものがある。

1832年、ガレンヌ地区でガロ=ローマ時代のヴィッラ遺跡が発掘された。

ネラックがまちとして繁栄の頂点に達したのは、アルブレ家が領主となった16世紀である。ランド地方のラブリから11世紀に移ってきたアルブレ家は、1484年にジャン3世(フアン3世)がナバラ女王カタリナ1世と結婚してナバラ王となった。2人の長男エンリケ2世は1527年にマルグリット・ダングレームと結婚した。2人の間に生まれたジャンヌ・ダルブレはブルボン家のアントワーヌの妻となり、のちにユグノーに改宗している。

1530年代から、領主ジャンヌ・ダルブレの影響を受けたネラック住民は新教徒となり、第一次ユグノー戦争に身を投じた[1]

シャルル9世は1564年から1566年まで宮廷をつれてフランス国内を行幸した際、弟アンジュー公アンリ(アンリ3世)、アンリ・ド・ナヴァール(アンリ4世)、ブルボン枢機卿とともにネラックを訪れている[2]

1572年、ユグノーのジャンヌ・ダルブレ、そしてカトリックのカトリーヌ・ド・メディシスは、アンリ・ド・ナヴァールとマルグリット・ド・ヴァロワを結婚させようと計画した。結婚式直前にジャンヌは急死したため、血塗られた結婚式に出席することはなかった。

ルイ13世時代にネラックは反乱を起こし、1621年にマイエンヌ公アンリに鎮圧され、その要塞は取り壊された。

18世紀のネラックは、サン・ドマング向けコムギ輸出で繁栄の時代を迎えた。

1920年代から、大きなイタリア人コミュニティーがネラックに移った。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
6 417 7 061 7 156 6 828 7 015 6 787 6 885

source=INSEE[3]

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Guerres de religion-Miquel, p 245
  2. ^ Guerres de religion-Miquel, p 258
  3. ^ Le Mas-d'Agenais sur le site de l'Insee