ネモフィラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネモフィラ属クロンキスト体系
Nemophila01s3872.jpg
ネモフィラ・インシグニズブルー
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナス目 Solanales
: ハゼリソウ科 Hydrophyllaceae
: ネモフィラ属 Nemophila
  • 本文参照

ネモフィラハゼリソウ科ネモフィラ属Nemophila)に分類される植物の総称。または、ルリカラクサ(瑠璃唐草、学名:Nemophila menziesii)のこと。

新エングラー体系クロンキスト体系では、ハゼリソウ科だが、APG植物分類体系ではムラサキ科に分類される。

概要[編集]

ネモフィラ属は、カナダ西部からアメリカ合衆国西部、メキシコにかけてとアメリカ合衆国東南部に11種が分布する。

ルリカラクサは、種として園芸上ネモフィラ(英語で five spot または baby blue eyes )と呼ばれる。耐寒性一年草。草丈10-20cm 、茎は匍匐性(ほふくせい)で横に広がる。葉には羽状の深い切れ込みがあり、茎と葉に柔毛がある。花は4月-5月に開花し、花径2cmくらいで、白に空色または青紫色の深い覆輪で、中心部に黒い点が5つある。白色花もある。属名は「林を愛する」の意味で、茂みの中の明るい日だまりに自生していることによる。

栽培[編集]

秋分の頃に花壇などに直まきするか、箱などにまいて小苗のうちに移植する。覆土は2mmくらいがよい。比較的寒さに強く、丈夫な草花で、花壇・鉢植え・プランター植えなどによい。

ギャラリー[編集]

ひたち海浜公園みはらしの丘のネモフィラ 
ネモフィラの花