ネポシアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネポシアーノ (Nepociano de Asturias)は、9世紀初頭のアストゥリアス貴族。842年にアルフォンソ2世が死ぬと王位を簒奪したため、ラミロ1世によって殺害された。

ネポシアーノはアルフォンソ2世の宮廷でcomes palatiiであった。年代記においてはcognatus regisと記されており、今日の意味以上のもの(cognatusは今日のcuñadoの語源で、今日の意味は小舅、義理の兄弟)をあらわしており、おそらく「血縁の者」(pariente consanguíneo)を意味すると考えられる。彼が王位簒奪の過程でアストゥリアス人、ヴァスコン人の支持を受けたことからも、ネポシアーノがおそらくアルフォンソ2世の身内のもので、王の母であるムニア(フルエーラ1世の妃)がヴァスコン人であるということで説明がつく[1]

アルフォンソ2世が死ぬと、ラミロ1世が王位継承の場に不在であったことをいいことに、アルフォンソ2世の後継として名乗り出た[2]。アストゥリアス人とヴァスコン人からなる軍を集めてガリシアでラミロ1世と対決した[3]。ナルセア川のほとりのコルネリャーナで両軍は衝突し、ネポシアーノ軍が敗れた。

捕らえられたネポシアーノは両目を潰され、名も伝わっていない修道院に幽閉された。

脚注[編集]

  1. ^ José Antonio Escudero (ed.), Javier Alvarado Planas, José Mª de Francisco Olmos. (2008) El Rey. Historia de la Monarquía. Vol 1. Ed. Planeta. ISBN 978-84-08-07696-4. pp. 24.
  2. ^ Sánchez Albornoz, Claudio. Orígenes de la Nación Española. El Reino de Asturias. Capítulo VI: Tras cuarenta años de paz interior.
  3. ^ Martínez Diez, Gonzalo. El Condado de Castilla (711-1065). La Historia frente a la leyenda. Valladolid, Junta de Castilla y León, 2004. ISBN 84-9718-275-8 volumen 1 página 219
先代:
アルフォンソ2世
アストゥリアス王
842年
次代:
ラミロ1世