ネプチューン・オリエント・ラインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Neptune Orient Lines Limited
企業形態 公開
取引所 SGX: N03
業種 交通
設立 1968年12月
創業者 Muhammad Jalaluddin Sayeed
本部

456 Alexandra Road, NOL Building

シンガポールシンガポール
事業地域 世界中
代表者等 Ng Yat Chung (CEO)[1]
サービス 海運
子会社 アメリカンプレジデントラインズ, APLロジスティクス
ウェブサイト NOL Homepage
APLのコンテナ船

ネプチューン・オリエント・ラインズ(Neptune Orient Lines Limited:NOL, SGX: N03)はシンガポールに本部を置く国際海運グループで104カ国に11,000人が働いている[2]。子会社としてアメリカンプレジデントラインズ(APL)、APLロジスティクスを保有している。

歴史[編集]

ネプチューン・オリエント・ラインズは1968年シンガポール政府によってシンガポール経済の発展とその下支えの役割のためにシンガポール・ナショナル・シッピングライン(Singapore’s national shipping line)として設立された[3]

コンテナリゼーション[編集]

1970年代にコンテナリゼーションの時代が始まった。1970年代中頃に業務執行取締役(managing director)ゴー・チョク・トン(後のシンガポール首相)[4]の指揮のもとネプチューン・オリエント・ラインズも新しい時代の船、コンテナ船への投資を行いようやく黒字に転換した[5]。その後、OOCLK LineとACEコンソーシアムを形成し、重要な海運業者として存在を示した。

合併[編集]

1997年、ネプチューン・オリエント・ラインズはアメリカンプレジデントラインズと合併した。アメリカンプレジデントラインズは1848年創業の海運の老舗である。合併後、アメリカンプレジデントラインズを企業の統一ブランドとし、ネプチューン・オリエント・ラインズをホールディング会社とした。2001年にAPLロジスティクスを設立した。

2003年タンカー部門(American Eagle TankersとNeptune Associated Shipping)を売却し、コンテナ部門だけとなった。[6]

References[編集]

External links[編集]