ネパール会議派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネパールの旗 ネパールの政党
ネパール会議派
नेपाली काँग्रेस
Nepali Congress Edited.svg
党旗
総裁 ギリジャ・プラサド・コイララ
副総裁 Ram Chandra Paudel、Gopal Man Shrestha、Prakash Man Singh
成立年月日 1947年
本部所在地 カトマンズ
ネパール制憲議会議席数
(19%)
115 / 601
2008年4月24日
政治的思想・立場 社会民主主義民主社会主義第三の道
公式サイト :::Nepali Congress Party:::
国際組織 社会主義インターナショナル
テンプレートを表示

ネパール会議派(ネパールかいぎは、ネパール語: नेपाली काँग्रेस英語: Nepali Congress)は、ネパール政党総裁は、ギリジャ・プラサド・コイララ。略称はNC。

日本ではコングレス党とも呼ばれる。

概要[編集]

制憲議会第2党(115議席)。現在、ネパール統一共産党出身のマダブ・クマル・ネパール内閣のもとで連立与党第一党。2008年7月21日、党 General Secretaryのラムバラン・ヤーダブが共和制ネパール初代大統領に当選した。

ネパールの民主化を主導し、国王独裁時代には地下活動をしてきたが、1990年の民主化以後たびたび政権を担ってきた有力政党の一つ。2008年4月10日制憲議会選挙では110議席を獲得したものの(後に内閣指名で5議席追加)、第一党の座をマオイスト(219議席)に奪われている。

党内はコイララ総裁の独裁体制が強く、2002年には当時のシェル・バハドゥール・デウバ首相らが反発して離党し、ネパール会議派民主を結成したが、2007年9月21日両党は再び統合している。

社会民主主義政党。社会主義インターナショナルの正式メンバーでもある。

公式サイトにて発表されている『Nepali Congress Manifesto : Highlights (2056)』(ネパール会議派マニフェスト;要旨)[1]  によると、会議派は1947年に設立され、1957年には社会民主主義を採用。民族主義・民主主義・社会主義を標榜し、平等社会的正義に基づき公平な分配による経済発展を目指すとしている。

執行部一覧[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]