ネバダ (モニター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Uss Nevada BM8.jpg
艦歴
発注
起工 1899年4月17日
進水 1900年11月24日
就役 1903年3月5日
退役 1920年7月1日
その後 1922年1月26日にスクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 3,225トン
全長 255 ft 1 in (77.76 m)
全幅 50 ft (15.24 m)
吃水 13 ft 3 in
機関
最大速 ノット
乗員 士官、兵員220名
兵装 12インチ砲2門、4インチ砲4門、6ポンド砲2門

ネバダ (USS Nevada, M/BM-8) は、アメリカ海軍モニター艦。アーカンソー級モニターの1隻。艦名はネバダ州に因む。

艦歴[編集]

当初はコネチカットの艦名で、1899年4月17日にメイン州バスバス鉄工所で起工した。1900年11月24日にグレース・ブーテレによって進水し、1901年1月にネバダと改名、1903年3月5日に艦長T・B・ハワード中佐の指揮下就役した。

1909年3月2日、ネバダは戦艦36号にその名を譲るため、トノパー (USS Tonopah) と改名された。トノパーは大西洋艦隊潜水艦部隊に母艦として配属され、1918年1月まで東海岸、マサチューセッツ州からフロリダ州キーウェストまでの範囲で活動した。その後短期間バミューダに配属され、2月にサンミゲル島ポンタ・デルガダでの活動を命じられた。2月から12月までトノパーはアゾレス諸島海域において潜水艦 K-1 (USS K-1, SS-32)、K-2 (USS K-2, SS-33)、K-3 (USS K-3, SS-34)、K-5 (USS K-5, SS-36)、E-1 (USS E-1, SS-24)および駆潜艇と共に作戦活動に従事した。 12月にリスボンへ曳航され、帰国後1920年7月1日にフィラデルフィアで退役した。トノパーは1922年1月26日に他の艦艇と共にフィラデルフィアのJ・G・ヒトナー社に売却された。

外部リンク[編集]