ネタ・スヌーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネタ・スヌーク
Neta Snook
生誕 1896年2月14日
米国イリノイ州マウントカロル
死没 1991年3月23日(95歳)
米国、カリフォルニア州
著名な実績 Aviator, Amelia Earhart's first flying instructor.
配偶者 Bill Southern
テンプレートを表示

アニタ・"ネタ"・スヌーク・サザーンAnita "Neta" Snook Southern )、1896年2月14日 - 1991年3月23日)は、多くの初快挙を成し遂げた先駆的な操縦士。 彼女はアイオワの最初の女性操縦士で、ヴァージニアカーチス飛行学校に入学を許可された最初の女性生徒で、女性飛行士(aviatrix)として飛行事業を行なった最初の女性で、商業飛行場で飛行機を運航した最初の女性。[1]特に、アメリア・イアハートとの関係で記憶されている。彼女の自伝『I Taught Amelia to Fly』は、彼女の名声の本質が適切に捉えられており、イアハートの最初の教官として、彼女の神秘性と永遠に結び付けられている。友人たちからはスヌーキーと呼ばれた。

若年期[編集]

1896年2月14日イリノイ州マウントカロルに生まれた。彼女は幼いころから機械に興味を示し、それは父親の自動車によって拍車が掛かった。4歳のとき、父親の膝に乗ってスタンレー・スチーマーを運転し、イリノイの町の丘を走り回った。彼女は成長して、父親から車の内部構造を教わった。1915年、一家はアイオワ州エイムズに移住した。彼女は、アイオワ州立大学に通い、機械製図内燃機関、農業用機械修理の特別コースを履修した。その頃、最初の飛行する機械が登場し、彼女は興奮してエアロプレーン(飛行機のことを当時の人々はそう呼んだ)に関する書物を読みふけり、飛行への願望は強くなった。

飛行[編集]

大学2年生のとき、彼女は、ヴァージニア州ニューポートニューズカーチス・ライト航空学校の大西洋岸航空所に志願したが、入所を拒否された。志願書には「女性は許可できない」とのスタンプが押されていた。翌年、アイオワ州のダベンポート飛行学校の広告を見て、アイオワに帰り、初の操縦士の女性学生のひとりになった。その後、その学校の校長が墜落死して学校が閉鎖された。Curlyというあだ名を他の学生たちに付けられた彼女は別の学校を探した。1917年、彼女は最終的に、カーチス・ライト航空学校に入学した。第一次世界大戦によってアメリカ国内で民間飛行が禁止されるまで多くの時間を空で過ごした。1918年の一時期、彼女はニューヨーク州エルマイラのイギリス航空省で、促進係として働いた。これは、ヨーロッパ戦線へ向かう航空機の部品とエンジンの検査と試験を行うもので、彼女の機械いじりの技術が役立った。

彼女は、破損したカナック(Curtiss JN-4 Jennyのカナダ版)を購入し、それをエイムズに船で輸送した。そして実家の裏庭で2年を掛けて修理した。1920年、彼女はそのカナックで牧場の近くを単独飛行し、操縦士免許を取得した。そのすぐ後、Aero Club of America とFederation Aeronautique Internationale (FAI)に入会した。彼女はカナックに乗り、ミッドウェスト地域全体でバーンストーミング飛行を行った。彼女は密かに観光客や「乗客」を運んで生計を立てたが、彼女の免許ではそれは許可されていなかった。アイオワの厳しい冬が到来したため、彼女は一年中飛行できるカリフォルニアに行くことを決心した。船積みにするためカナックを解体し、彼女はロサンゼルスに行き着いた。

1920年、彼女は、Winfield Bertrum Kinnerの新しいKinner飛行場で、教官の職を得た。その飛行場は、航空広告(横断幕や空中看板を牽引する)と飛行訓練を提供していた。彼女のメカニックの経歴は、Kinnerを手伝うことに有益だった。試用期間の後、商業飛行場で飛行機を運航する最初の女性となった。[2]

アメリア・イアハートとの出会い[編集]

Kinner Airsterの前に立つスヌーク(左)とイアハート(右)。1921年ころ

1921年、父親に従って飛行場に来ていたアメリア・イアハートはスヌークに尋ねた。「私、飛びたいんです。飛び方を教えてくれませんか?」。イアハートと彼女の両親は、彼女に操縦を教えてくれるのは女性操縦士しかいない、という意見で一致していた。空中での一分ごとに1ドル自由公債を支払う、という契約でスヌークはイアハートに飛び方を教えた。だがその関係以上に、彼女たちは友人になった。[3]空中での最初の5時間はイアハートによって報酬が払われたが、次の15時間はアメリアがKinner Airsterを購入したので、スヌークにとって完全に無報酬で行われた。

最初は、彼女の教え子は、最高の飛行気乗りではなかった。イアハートは離陸の際、ユーカリの林を飛び越えようとして失速した。スヌークは思った。「ひょっとしたら、彼女の能力を見誤ったかもしれない」。[1]しかし、彼女たちの友情のおかげで、この最初の墜落はすぐに忘れさられた。彼女たちは1年に渡って共に飛んだ。スヌークはイアハート一家と親しくなり、その家で多くの時間を過ごした。

晩年[編集]

1921年2月、スヌークはLos Angeles Speedwayで行われた「男性の」航空レースに出場した初の女性となった。最終順位は5位になり、メディアに次のように述べた。「私は、世界中のどの男性飛行士とも同じくらい冷静に、大胆に、スリルを感じさせ、飛ぶつもりだ」。[1]

1922年、25歳のときBill Southernと結婚、妊娠して飛ぶことを止め、自分のビジネスを売却した。引退した年の後のスヌークについてはよくわからなかった。しかし、1937年にイアハートが消息を絶った有名な飛行の後、スヌークはイアハートの飛行についての講演を初め、その後、自伝『I Taught Amelia To Fly』を著した。

1977年チャールズ・リンドバーグの愛機スピリット・オブ・セントルイスレプリカの操縦士に招待された際、スヌークは十数年ぶりに飛んだ。1981年、彼女はアメリカ合衆国の最古の女性操縦士と認められた。1991年3月23日、彼女はカリフォルニアの自宅で95歳で亡くなった。その一年後、彼女はIowa Aviation Hall of Fameに就任した。

遺産[編集]

1917年当時、「その頃、空を目指した女性たちは、ほんの僅かだった。しかし、彼女たちはその勇気と、人類の飛行という経験に貢献したことによって、名声を得た」[3]

参考[編集]

Notes
  1. ^ a b c Marshall 2007, p. 22.
  2. ^ Marshall 2007, p. 21-22.
  3. ^ a b Marshall 2002
Bibliography
  • Marshall, Patti. "Neta Snook" Aviation History Vol. 17, no. 3. January 2007.
  • Marshall, Patti. "Woman who touched the skies also touched Shawnee." The Shawnee News-Star. 12 June 2002.
  • Southern, Neta Snook. I Taught Amelia to Fly. New York: Vantage Press, 1974. ISBN 0-53301-161-2.

外部リンク[編集]