ネスナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネスナ
Nesna
ネスナ半島(手前)、トンマ島(中央)、ハンネス島(右)、フグラ島(左)
ネスナ半島(手前)、トンマ島(中央)、ハンネス島(右)、フグラ島(左)
ネスナの市章
自治体章
位置
ヌールラン県の位置の位置図
ヌールラン県の位置
ネスナの位置の位置図
ネスナの位置
座標 : 北緯66度15分28秒 東経13度2分6秒 / 北緯66.25778度 東経13.03500度 / 66.25778; 13.03500
行政
ノルウェーの旗 ノルウェー
  ヌールラン県の旗 ヌールラン県
 自治体 ネスナ
首長 ロニー・ソンメロー
労働党
地理
面積  
  自治体域 202 km2 (78 mi2)
    陸上   181 km2 (69.9 mi2)
人口
人口 (2004年現在)
  自治体域 1,822人
    人口密度   10人/km2(25.9人/mi2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
ノルウェー統計局のサイトより
公式ウェブサイト : www.nesna.kommune.no/

ネスナノルウェー語: Nesna)は、ノルウェーヌールラン県にある自治体。ヘルゲラン地域に属し、トンマ島、フグラ島、ハンネス島の三島とネスナ半島から成る。行政の中心地はネスナ村。

域内の地図

1838年1月1日に設立され、1888年7月1日にはドナが分離した。

ネスナには5時半に沿岸急行船「フッティルーテン」の北行きが、11時15分には南行きが到着する。半島部にはヌールラン県の教育の中心であるネスナ大学やKVN高校がある。

基礎情報[編集]

地名[編集]

元々は教区だったこの自治体は、この地に初めて教会が建てられたときからあったネスナ農場(古ノルド語名:Nesnar)にちなみ名付けられた[1]。その農場の名は「岬」を意味するnesから派生したものである。

紋章[編集]

1989年6月23日に国王の承認を得た現在の紋章には、自治体の語源となった「岬」を図案化したものが描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ Rygh, Oluf (1905). Norske gaardnavne: Nordlands amt (16 ed.). Kristiania, Norge: W. C. Fabritius & sønners bogtrikkeri. pp. 113. http://books.google.com/books?id=K21BAAAAIAAJ.  (ノルウェー語)

外部リンク[編集]