ネスター・トーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネスター・トーレス
基本情報
出生 1957年4月25日(56歳)
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ
ジャンル フュージョン
ラテンジャズ
職業 フルート奏者
担当楽器 フルート
公式サイト www.nestortorres.com

ネスター・トーレスNestor Torres、1957年 - )はプエルトリコのマヤグエース生まれのジャズフルート奏者である。 彼は12歳の時よりフルートのレッスンを始め、Escuela Libre de Músicaで正規の教育を受けた後、プエルトリコ・インターアメリカン大学へと進む。 18歳の時、家族と共にニューヨークへと引越した。 ジャズとクラシック音楽の双方を学ぶ為、トーレスはニューヨークのマネス音楽大学及びボストンニューイングランド音楽院、更に他の場所へと行った。

1981年、マイアミへと引っ越した彼はポリグラムと契約し、1989年に『Morning Ride』をリリースする。 彼のメジャー・デビュー作は瞬く間にビルボード・コンテンポラリー・ジャズ・チャートのトップを獲得し、広い評判を得る。 その翌年、著名人ボート・レース中の事故で、肋骨18本が折れ、両鎖骨は損傷し、気胸になるという悲劇に見舞われる。 レコード会社は彼との契約を打ち切り、彼は妻とも離婚、自宅の殆どを差し押さえられてしまう。

ネスター・トーレスは創価学会インタナショナルの日蓮仏法の長年の実践者でもある。

2007年、ネスターはウォーリック大学One World Week 2007中、World Music Concertにおいて、満員の聴衆の前で演奏した。

2009年5月21日、サンフランシスコのHerbest Theatreの"Tango Meets Jazz"において、パブロ・ジーグレルと共演した。

2009年9月9日、ロサンゼルスGreek TheatreDave Matthews Bandと共演。"Lying In The Hands Of God."においてゲスト参加した。

2009年12月4日、マイアミジェームス・L・ナイト・コンサートホールで、デイブ・グルーシンと共演。"an Evening with Dave Grusin" において、"I FEEL PRETTY"のソロを演奏。


リーダー・アルバム[編集]

  • Mis Primeras Canciones (1980/Diamond Light Records)
  • Morning Ride (1989/Polygram Records)
  • Dance of the Phoenix (1990/Polygram Records)
  • Burning Whispers (1994/Sony International)
  • Talk to Me (1996/Sony International)
  • Treasures of the Heart (1999/Shanachie)
  • This Side of Paradise (2001/Shanachie)
  • Mi Alma Latina (2002/Shanachie)
  • Sin Palabras (2004/Heads Up)
  • Dances, Prayers & Meditations For Peace (2006/Heads Up)
  • Very Best of Nestor Torres (2007/Shanachie)
  • Nouveau Latino (2009/Cda Group)

共演アルバム[編集]

  • an evening with Dave Grusin, I FEEL PRETTY (2011/Heads Up)


ファン層[編集]

ネスター・トーレスが地球上で最も多くのファン層を持つひとりに到る、その大部分は南カリフォルニアの町から発生したものである。 その町にいた多くの人々から彼は現人神と見なされ、この事を切っ掛けとしてマウント・キャメル・ハイスクールの3人の学生がネスター・トーレス・ファンクラブを開始させた。 とはいうものの、これもまたネスター・トーレスが人々の生活に影響を与えていったひとつの例に過ぎない。 学生の一人はこう引用する。「ネスター・トーレスに耳を傾ける時、僕はただ幸せだけを感じる。彼の音楽は僕の中の情熱を呼び覚ましてくれるんだ……言葉にするのは難しいけどね」。

外部リンク[編集]