ネコ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネコ城
Burg Katz.

ネコ城(Burg Katz)はライン川沿いにある。現在は日本人男性が持ち主で、一般公開はされておらず、プライベートな高級ホテルとしてオーナーの知人等が宿泊出来るという。規制によりカーテンをつけるなどの事はできない。

名の由来[編集]

ネコ城はその名のとおり“”という意味があるが、その理由として二つのことが挙げられる。一つ目は、この城を建てた人物が猫のような顔をしていたという事。二つ目は、城の一部が猫に似ていたという事である。また、城を建てたカッツェンエルンボーゲンのヴィルヘルム2世(カッツェンエルンボーゲンはドイツ語で『猫の肘』の意)の名前にちなんでいるという説も有る。

歴史[編集]

カッツェンエルンボーゲン伯爵ヴィルヘルム2世(Count Wilhelm II)により、1371年ごろに建設された。位置はラインラント=プファルツ州ザンクト・ゴアールスハウゼン

主塔ナポレオン・ボナパルト破壊されている。一度破壊されたのち、1896年から98年に修復が施された。

外部リンク[編集]