ネクロマンティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネクロマンティック
Nekromantik
監督 ユルグ・ブットゲライト
脚本 ユルグ・ブットゲライト
フランツ・ローデンキルヒェン
製作 マンフレッド・オー・ジェリンスキー
出演者 ダクタリ・ロレンツ
ベアトリス・M
ハラルト・ランド
音楽 ヘンリー・コップ
ダクタリ・ロレンツ
ジョン・ボーイ・ウォルトン
撮影 ウーエ・ボーラー
編集 ユルグ・ブットゲライト
マンフレッド・オー・ジェリンスキー
配給 オリオン・ピクチャーズ
公開 1987年
上映時間 75分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
次作 ネクロマンティック2
テンプレートを表示

ネクロマンティック(Nekromantik)1987年に公開された、ドイツ映画監督ユルグ・ブットゲライトによるホラー映画エログロ映画である。多くの国で上映禁止にされ、物議を醸しているこの作品は、テーマであるネクロフィリアと大胆な描写のためにカルト映画としても知られている。本国であるドイツでは、上映禁止はおろか、ネガとフィルム、素材全ての破棄を命ぜられた。

日本語版の字幕は柳下毅一郎

あらすじ[編集]

死体清掃会社で働くロベルト・シュマトケダクタリ・ロレンツ)はネクロフィリアで、仕事を通して手に入れた死体の一部をガールフレンドのベティベアトリス・M)と共に、保存・鑑賞するのが趣味だった。

ある日の仕事で、偶然にも彼は全身が揃った屍体に出会う。白骨化したその死体を運ぶよう指示された彼は、密かにその全身死体を自宅に持ち帰った。喜ぶロベルトとベティはスチールパイプを屍体の股間部分に突き立てて男性器に見立て、「3人」による性行為を楽しんだ。

翌日ロベルトが出勤すると、汚れた仕事着をロッカーに放置したことを咎められ、それをきっかけに解雇されてしまう。ベティは死体が手に入らなくなったロベルトを罵ると、全身死体を持って家を出ていってしまった。一人残されたロベルトは、怒りに任せて飼い猫殺し、その血と内臓を浴槽に入れて風呂に浸かったのち、薬とウィスキーで自殺を試みるも失敗。

深夜に目覚めた彼はおもむろに映画館に向かう。猟奇殺人鬼が若い女を殺害するという内容の映画を途中退席し、ロベルトは1人の娼婦を買った。2人は墓地で性行為に及ぼうとするが、ロベルトの性器は勃起せず、そのことを娼婦に笑われて逆上した彼は娼婦を絞め殺してしまう。ロベルトは、屍体となった彼女と改めて行為に及ぶが、今度はそのまま眠ってしまう。

ロベルトが死体の隣で目を覚ますと、守り人らしき老人がロベルトと娼婦の死体を発見してしまう。慌てたロベルトは老人が取り落したスコップで老人を殺害。その後、半狂乱で何かを叫びながら現場を走り去った。 自宅に戻ったロベルトは、自身の性器を露出させたままベッドの上で腹部に刃物を突き立て自殺。ロベルトは激痛に襲われながらも射精し、快楽を味わいながら世を去った。

備考[編集]

  • ベティとともに屍体と性交する描写、老人の頭をスコップで吹き飛ばす場面、ロベルトが最後に自殺の描写など、淫蕩で、グロテスクで、残虐な場面が数多い。現存するビデオやDVDで本作品を再生すると、本編が始まる前に、本作品がドイツで上映禁止処分を受けたことや素材の廃棄処分を受けたために再生が十分ではない可能性があるという注意書きが表示される。
  • 劇中で流れる音楽はシンプルなもので、何度も繰り返されることが多い。この楽しげな音楽が本作品における倒錯的な描写の土台であり、それがロベルトの屍体への気持ちを表している。ロベルトとベティが屍体とセックスするシーンやロベルトが自殺する場面をはじめ、映画の至るところでこの曲は流れる。
  • 撮影開始時点で本作のシナリオは固まっておらず、結末も決まっていなかった。そうした状況を嫌ったダクタリはだんだんと撮影に消極的になり、撮影終盤はカメラの前に立つことを渋っていたという。
  • 当初ベティ役の女優探しは難航し、オーディションも行ったが決まらなかった。製作陣はベアトリスを見つけ彼女は快諾したが、彼女とロベルト役のダクタリは馬が合わず、ベッドシーンで喧嘩を始めるほどだったという。監督のユルグ・ブットゲライトは「これには頭を悩まされた」と語る一方、その喧嘩の場面を本編でベティが職を失ったロベルトを罵る場面に流用したとも語っている。
  • 作中で登場する死体の眼球は、監督自身が「医大生だ」と嘘をついて屠畜場から格安で譲り受けた豚の眼球である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]