ネオ進化論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネオ進化論(英:Neoevolutionism)は、チャールズ・ダーウィン進化論を引き出して、そして、以前の社会進化論の若干の独断を捨てることによって、社会の発展を説明しようとする社会の理論である。ネオ進化論は長期の、方向を示す、進化の社会の変更でそして無関係な、広く切り離された文化の見られるような発達の通常のパターンに関係している。

ネオ進化論は、1930年代に出現し、それは第二次世界大戦の後に期間に広範囲に発展し、そして1960年代に、社会学と同様、人類学に取り入れられた。

その理論は考古学古生物学史学史のようなフィールドからの経験的な証拠に基づいている。提案者がネオ進化論が、モラルか文化的なシステムの価値に対するどんな言及でも排除しているため客観的であり、ただ記述的であると言う。その進化の過程の一般原則を与えることによって、19世紀の進化主義が文化がどのように発達するか説明した間に、それは歴史的個別主義によって、20世紀初めに非科学的であるとして(進化主義は)捨て去られた。進化思考を持って戻ってきた新進化的思索家が、現代の人類学にとって受け入れられるためにネオ進化論を開発したのである。

ネオ進化論は古典の社会の進化主義の多くの考え、すなわち、社会の進歩、それほど前の社会学で最有力の発展関連の理論のそれを捨て去る。その時ネオ進化論が因果律議論を捨てて、そして、事故と自由意志が社会進化の過程にたくさんの影響を与えると論じて、可能性を紹介する。それは同じく-「もし~だったらどうなるか?」か尋ねて-反事実の歴史を支持する、そして異なった可能な進路がその社会の発展が起こる(かもしれない)。そして次の通りの種々の文化が異なった方法で発達するかもしれないという事実、他の人たちが通過した若干の省略している全部の局面を考慮に入れる。ネオ進化論は経験的な証拠の重要性を強調する。19世紀の進化主義が価値判断と仮定をデータを解釈するために使った間に、ネオ進化論は、文化的な進化の過程を分析するため測定可能な情報に頼ったのである。

ネオ進化論の重要な思想家[編集]

フェルディナント・テンニース:厳密には、新進化論者でない。が、テンニエスの仕事はしばしばネオ進化論の基礎だと見なされる。彼は社会の発展が必ずしも正しい方向に進んでいない。社会の進歩が完璧ではないと主張する最初の社会学者の1人であった。

レズリー・A・ホワイト:彼の著書の出版が社会学者と人類学者の間で進化主義をに対しての興味を再燃させた。彼の理論で最も重要な因子は技術である:社会のシステムが技術的なシステムによって決定される、と彼の本でのホワイトが、ルイス・ヘンリー・モーガンの初期の理論に共鳴して書いている。社会前進の分量として彼は所定の社会(彼の理論は文化的な進化のエネルギー理論として知られています)の分量エネルギー消費を提案した。 彼は人間の発達過程の5つの段階を区別した。

  • 第1段階:人々が、自身の筋肉のエネルギーを使う。
  • 第2段階:彼らは、飼い慣らされた動物のエネルギーを使う。
  • 第3段階:(ホワイトがここで農業革命に言及するように)、彼らは植物のエネルギーを使用する。
  • 第4段階:彼らは天然資源のエネルギー(石炭オイルガス)を使うことを学ぶ。
  • 第5段階:彼らは核エネルギーを利用する。

ホワイトは、公式P=E*Tを紹介した、Eは消費されるエネルギーの基準、Tはエネルギーを利用するテクニカル要因の効率の尺度である。