ネオペンチルアルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネオペンチルアルコール[1]
識別情報
CAS登録番号 75-84-3 チェック
特性
化学式 C5H12O
モル質量 88.15 g mol−1
外観 無色のフレーク状もしくは粉末状固体
密度 0.812 g/mL at 20°C
融点

52.5°C

沸点

113.5°C

への溶解度 36 g/L
溶解度 エタノールジエチルエーテルにかなり溶ける
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -399.4 kJ·mol-1
危険性
引火点 37°C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ネオペンチルアルコール (Neopentyl alcohol) は分子式 C5H12O または (H3C-)3C-CH2OH を持つ化合物である。ネオペンタン C(CH3)4 に由来するアルコールである。

他のペンチルアルコールとは異なり樹脂状の結晶性固体であるが、他のアルコール同様引火性・刺激性が強いため取り扱いには注意が必要である。

臭素と化合させたトリブロモネオペンチルアルコールは、合成樹脂難燃材の原料として用いられている[1]

脚注[編集]

  1. ^ Lide, David R. (1998), Handbook of Chemistry and Physics (87 ed.), Boca Raton, FL: CRC Press, pp. 3-228, 5-42, 8-102, 16-22, ISBN 0-8493-0594-2 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]