ネオペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネオペット (Neopets) は、Viacomが運営しているバーチャルペットサイトである。世界最大級のバーチャル・ゲームサイトと言われており、1997年にアイデアが生まれ、1999年11月15日から運営されている。


概要[編集]

ネオペットの舞台となっているのは、「ネオピア」という惑星である。 「ネオペット」と呼ばれるバーチャルペットを育てながら、ペットとゲームをして遊んだり、コンテストに参加したりできる。ペットは、ひとつのアカウントで最大4匹まで飼うことが可能である。また、ペットの容姿を魔法のペンキや変身薬と呼ばれるアイテムなどで変えることができる。

ネオピアではネオポイント(NP)と呼ばれる通貨が使われる。ゲームやスクラッチカード等で稼ぐ事ができ、食べ物やおもちゃなどのアイテムを購入できる。

また、オークションや切手などをコレクションをすることも可能。

13歳未満のユーザは、様々なトラブルを防ぐため、ボード(掲示板)や不適切なゲームなど、一部コンテンツの利用が制限されている。保護者の許可証をFAXで送れば13歳未満でも使う事ができる。

本国アメリカではネオペットグッズも販売されており、ぬいぐるみやカード、Tシャツなどがある。又、他企業との提携も多い。

2007年4月27日、サイトが大幅にアップデートされ、レイアウトも大きく変更された。また、全ペットの画像変更に伴い、リニューアル後はしばらくペットの表情が出なくなっていたが、2007/12/21に復活した。

一時期、外国でマクドナルドのハッピーミールとして発売されたこともあった。

なお、登録する際にはメールアカウントを必要とされる。

2008年12月31日をもって日本語イタリア語韓国語の更新が休止されたが、英語版をはじめ、11の言語で現在も更新されている。

ネオペットの種類[編集]

  • アカラ(Acara)
  • アイシャ(Aisha)
  • ブルマルー(Blumaroo)
  • ボーリ(Bori)
  • ブルース(Bruce)
  • バズ(Buzz)
  • チア(Chia)
  • チョンビー(Chomby)【プレミアペット】
  • サイバニー(Cybunny)【プレミアペット】
  • ドレイク(Draik)【プレミアペット、シークレットペット】
  • エレファンテ(Elephante)
  • イアリー(Eyrie)
  • フロットサム(Flotsam)
  • ゲラート(Gelert)
  • ノルブ(Gnorbu)
  • グラール(Grarrl)
  • グランド(Grundo)【シークレットペット】
  • ヒッシー(Hissi)【プレミアペット】
  • イクシー(Ixi)
  • ジェットサム(Jetsam)【プレミアペット】
  • ジャブジャブ(JubJub)
  • カチーク(Kacheek)
  • カウ(Kau)
  • キコ(Kiko)【プレミアペット】
  • コウイ(Koi)【プレミアペット】
  • コルバット(Korbat)
  • クーグラ(Kougra)
  • クローク(Krawk)【シークレットペット】
  • キリー(Kyrii)
  • レニー(Lenny)
  • ループ(Lupe)
  • ルターリ(Lutari)【プレミアペット】
  • ミールカ(Meerca)
  • モーホグ(Moehog)
  • ムンシー(Mynci)
  • ニンモ(Nimmo)
  • オグリン(Ogrin)
  • ペオフィン(Peophin)
  • プーグル(Poogle)【プレミアペット】
  • テリー(Pteri)
  • クイグル(Quiggle)
  • ルキ(Ruki)
  • スコーチオ(Scorchio)
  • ショイル(Shoyru)
  • スキート(Skieth)
  • テコ(Techo)
  • トヌー(Tonu)【プレミアペット】
  • タスカニニー(Tuskaninny)
  • ユニー(Uni)
  • ウスル(Usui)
  • ウォッキー(Wocky)
  • ズィートック(Xweetok)
  • ヤーブル(Yurble)
  • ザファラ(Zafara)


ルターリは孤児院に返すと、脱走してしまう。その際、そのルターリの名前や情報などはサイト上から削除されてしまう。 またプレミアペットは、一年に一回、そのペットの日に何匹か配布される。シークレットペットは、条件を満たすと手に入れる事ができる。

妖精[編集]

ネオピア内には妖精が存在する。彼女たちは皆女性の姿をとっている。 また、妖精が現れてアイテムを要求するというランダムイベントもある(その間ショップ・ウィザードと呼ばれるアイテム検索エンジンは使えない)。 要求されたアイテムを持っていくと、各妖精ごとに違った特典が得られる。 妖精のなかには妖精の女王フィオラなど特別な妖精も存在する。

  • 火の精 現れると洋服を要求する。クエストを成功させると攻撃力を2上げてくれる。
  • 光の精 現れるとカードを要求する。クエストを成功させるとレベルを1上げてくれる。
  • 大地の精 現れると魔法のアイテムを要求する。クエストを成功させるとペットの満腹度を最大にしてくれる。
  • 風の精 現れるとコスメを要求する。クエストを成功させると速さを2上げてくれる。
  • 闇の精 現れるとおもちゃを要求する。クエストを成功させるとHP(ヒットポイント)を2上げてくれる。
  • 水の精 現れると本を要求する。クエストを成功させると防御力を2上げてくれる。
  • 妖精の女王 現れるとランダムでアイテムを要求する。クエストを成功させるとレベルを1、HP3、攻撃力3上げてくれる。
  • 宇宙の精 現れるとランダムでアイテムを要求する。クエストを成功させるとレベルを4上げてくれる。
  • 泉の精 現れるとランダムでレア度が高いアイテムを要求する。クエストを成功させるとペットを好きな色に変えてくれる。


そのほか、スープの精は無料でペットにスープを与えてくれる。しかし、手持ちの総額が3000NP以下のユーザーのみである。

コンテスト[編集]

ネオペットではさまざまなコンテスト形式のイベントが行われている。

  • ビューティー・コンテスト
  • カスタマイズ・ネオペット・スポットライト
  • あんたにゃ負けない
  • ネオピア・タイムズ(月1回募集されているが、英語版では週1回)
  • ユーザー情報スポットライト
  • ギャラリー・スポットライト
  • ネオホーム・スポットライト
  • ペット・スポットライト
  • ペットペット・スポットライト
  • 読書大賞
  • キャプション・コンテスト
  • グルメクラブ          etc...

ユーザー同士のコミュニケーション[編集]

ネオペットでは、ユーザー同士の交流の場が多く取り入れられている。 代表的なものが「ネオボード」で、これは自分のペットの友だちを募集したり、困ったことを他のユーザーに聞くことができる。 また、ユーザーは、いわゆるファンクラブ、サークルのような「ギルド」に入ることができ、同じものが好きな仲間を見つけることができる。 そのほかにも、メールアドレスを使わず、言語を問わず誰でも簡単に送ることができる「ネオメール」、相手のほしいものと、自分のほしいものとが交換できる「トレード」等がある。

その他[編集]

  • ペットもペットを飼うことができ、それらをペットペット(PP)と呼ぶ。又、そのペットペットもまたペットを飼うことができ、それらをペットペットペット(PPP)と呼ぶ。とても小さい。
  • ネオボードと呼ばれる掲示板ではアバター(アイコン)を使う事ができ、種類もさることながら入手方法もバラエティに富んでいる。
  • 毎年12月からアドベント・カレンダーが始まり、毎日異なるアイテムがもらえる。
  • 捨てられたペットが集まる「ネオピア孤児院」が存在し、ユーザーはペットを引き取ることが可能。捨てる事もできるが、飼い主としてのモラルに反する行為なので控えるべきである。また、孤児院からペットを引き取り、病気を治したり空腹を満たした後に孤児院へ返して引き取り手を見つけやすくする「私設孤児院」をするユーザーも多い。
  • 無料のため、スポンサーが多い。以前、スポンサーアイテムとしてセブン・イレブンのフードアイテムがあった。そのほかにも、コカ・コーラなどがあったが、どちらも現在は利用できない。スポンサーゲームもあり、期間限定で遊ぶことができる。
  • 4月1日のエイプリルフールには、さまざまなジョークイベントが発生する。
  • プレミアと呼ばれる有料版もある。広告が消える、メールアドレスを取得できる、サイト上で様々な特典を得る、などの利点がある。
  • ペットは1匹ずつそれぞれにホームページを持っており、HTMLCSSコードを使い創作することができる。
  • ユーザはそれぞれ自身のホームページやショップ・ギャラリーを持つことが出来る。
  • 1つのメールアドレスで5つのアカウントを作る事が出来る。1つは本アカ(メインのアカウント)とされ、後の4つはサブアカ(サブアカウント)と呼ばれる。本アカでは、ゲームをしたり、メインとなる活動することが出来る。しかし、サブアカではNPを稼いだり、ゲームでスコアを送ったり、一日一回だけ利用できるゲームなどが禁止されている・サブアカでは通常、ギャラリーや私設孤児院のペット用に使われる。
  • ペットが病気になることがあるが、薬で治せる。また、そのアカウントを長期間放置しておくと、ペットの満腹度が減ってしまい、気分も悪くなる。カラーも変わってしまうことがあるが、死んでしまうことは無い。
  • スタッフも募集されている。18歳以上であれば誰でも応募できるが、日本語での求人は行っていない。

外部リンク[編集]