ネオプトレモス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネオプトレモス1世:Νεοπτόλεμος Α', ラテン文字転記:Neoptolemos I, ? - 紀元前360年頃)はエピロス王である。

ネオプトレモス1世は先代の王アルケタス1世の子で、次代の王アレクサンドロス1世マケドニア王国ピリッポス2世に嫁ぎアレクサンドロス3世(大王)の母となったオリュンピアスの父である[1]

アルケタスの死後、ネオプトレモスは兄弟のアリュバスと王位を争ったが、彼らは最終的に王国の分割統治に同意した。兄弟はその後目立った争いも無くそれぞれの分け前を統治した[2]

[編集]

  1. ^ ユスティヌス, VII. 6; XVII. 2
  2. ^ パウサニアス, I. 11. 1

参考文献[編集]


先代:
アルケタス1世
エピロス王
アリュバスと共同統治
紀元前370年 - 紀元前357年
次代:
アレクサンドロス1世