ネオシーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネオシーダーとは、アンターク本舗が1959年から販売しているタバコ風味の咳止め薬で、OTC医薬品である。

形状・使用方法[編集]

タバコのような形状をしており、使用方法もタバコの喫煙方法と全く同じである。また、包装もソフト型のタバコと全く同じであり、使用可能年齢もタバコと同じく20歳以上である。を沈め、を切る効果があるが、タバコの代用品としては利用できず、これを吸うだけで禁煙できるというわけでもない。1回1-2本、1日10本を目安として利用すること。

注意[編集]

微量のニコチンを含有しているため、喫煙習慣の無い人20歳未満の人などは使用が禁じられている。また禁煙補助剤(ニコレットなど)との併用もなるべく避けること。

概要[編集]

主な原料は次のとおり。

  

原料
品名 含有量
塩化アンモニウム 0.003g
日本薬局方安息香酸 0.006g
カンゾウエキス・ハッカ油 微量

主原料はヤマアジサイナス科の植物とされ、主な用法は咳や痰の除去であるが、禁煙用途・タバコ代替品として利用されていた。薬局などで禁煙に推奨されていることがある。タールニコチンを含有し、タバコ同様煙を吸引することから一酸化炭素など他の有害物質も摂取してしまうことになる。(後述)

報道[編集]

  • 大阪府立成人病センターの田中英夫らの調査によると、禁煙患者の尿からニコチンの分解産物が検出され、ネオシーダーの使用がわかったことからさらに別のネオシーダー愛好者に対する実験を行ったところ同様の結果が得られた。また、公的機関の分析によると、一本あたりの吸入量はニコチンがライトたばこの5分の1・タールはセブンスターより多く、依存性があることも判明した。[1]

現在はかつては記載が無かった「タール・ニコチンを含有する」旨の記述がされ、警告として非喫煙者・未成年者の使用、禁煙治療薬利用者は使用しないように、との注意表記がされる事となった。[2]

出典[編集]

  1. ^ 2001年11月11日付 読売新聞朝刊、大阪版
  2. ^ [1] 使用上の注意の改訂について 2007年2月厚生労働省医薬食品局の発表

その他[編集]

タバコ型の咳止め薬は本剤以外には存在せず、他メーカーもこれまで一度も同型の咳止め薬を開発した事例は無い。アンターク本舗のみが製造・販売している特殊な咳止め薬である。そのタバコ様の特異な形であることからタバコそのものと勘違いする購入者・使用者も多く、タバコの代替品として購入する者が後を絶たない(タバコより安価であることも理由の一つと指摘される)[2][3]

関連項目[編集]