ネオキサンチンシンターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネオキサンチンシンターゼ
識別子
EC番号 5.3.99.9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

ネオキサンチンシンターゼ(Neoxanthin synthase、EC 5.3.99.9)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

ビオラキサンチン\rightleftharpoonsネオキサンチン

従って、この酵素の基質はビオラキサンチン、生成物はネオキサンチンである。

この酵素は異性化酵素、特にその他の分子内酸化還元酵素に分類される。系統名は、ビオラキサンチン---ネオキサンチン イソメラーゼ(エポキシド開環)(oxaloacetate keto---enol-isomerase(epoxide-opening))である。NSYと呼ばれることもある。この酵素は、カロテノイドの生合成に関与している。

出典[編集]

  • Beyer P; Hugueney, P; Schledz, M; Welsch, R; Frohnmeyer, H; Laule, O; Beyer, P (2000). “Identification of a novel gene coding for neoxanthin synthase from Solanum tuberosum”. FEBS. Lett. 485 (2–3): 168–72. doi:10.1016/S0014-5793(00)02193-1. PMID 11094161. 
  • Bouvier F, D'harlingue A, Backhaus RA, Kumagai MH, Camara B (2000). “Identification of neoxanthin synthase as a carotenoid cyclase paralog”. Eur. J. Biochem. 267 (21): 6346–52. doi:10.1046/j.1432-1327.2000.01722.x. PMID 11029576.