Navy SEALs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ネイビーシールズから転送)
移動: 案内検索
Navy SEALs
US Navy SEALs insignia.png
SEALsのエンブレム
創設 1962年1月1日
所属政体 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属組織  アメリカ海軍
兵科 特殊部隊
(空挺)
(潜水)
(上陸戦)
人員 2,500名程度
所在地 カリフォルニア州コロナド
バージニア州リトル・クリーク
標語 Ready to Lead,
先導する準備は出来ている
Ready to Follow,
従う準備も出来ている
Never Quit
決して諦めない
the Only Easy Day Was Yesterday
楽できたのは昨日まで
It Pays to be a Winner
勝利することで全てが報われる
上級単位 アメリカ海軍特殊戦コマンド
最終上級単位 アメリカ特殊作戦軍
主な戦歴 ベトナム戦争
レバノン内戦
アキレ・ラウロ号事件
湾岸戦争
モガディシュの戦闘
イラク戦争
アフガニスタン紛争 (2001年-)
テンプレートを表示

Navy SEALs(ネイビーシールズ、正式名称はUnited States Navy SEALs)は、アメリカ海軍特殊部隊である。アメリカ海軍特殊戦コマンドの管轄部隊であり、2つの特殊戦グループ、8つのチームに分かれて編成されている。

概要[編集]

ベトナム戦争における南ベトナム解放民族戦線掃討を目的として1962年1月1日に結成された。前身として第二次世界大戦中に活躍した水中破壊工作部隊(UDT)があり、その歴史は米軍の近代特殊部隊の中で最も古い。本部はバージニア州バージニアビーチリトルクリーク。

SEALsという名称は、SEがSEA(海)、AがAIR(空)、LがLAND(陸)と、陸海空のアルファベットの頭文字から取られており、アザラシ: seal)を掛けたものでもある。その名の通り陸海空問わずに偵察監視不正規戦等の特殊作戦に対応出来る能力を持つ。2011年5月にはウサーマ・ビン・ラーディン殺害作戦を遂行している[1]アメリカ軍の特殊部隊の中でも、アメリカ陸軍の特殊精鋭部隊であるグリーンベレーデルタフォースと並ぶ。

Navy SEALsの隊員

高度な水泳と潜水スキルを持っており、危機的状況において「水のある所へ逃げる」ことで難を逃れた事例も多い。SEAL輸送チームなどを除きパラシュート訓練が必須となっているため、空挺作戦も可能である。パラシュート降下時にゴムボートも降下させて海に着水し、空から水上作戦を展開することができる。また、イラクアフガニスタンソマリアなど海や河川が存在しない地域でも活動している。極限的な環境である北極圏の水中でも作業できるため、陸上の過酷な環境での作戦従事も多い。

任務は通常2名から4名で行動する(場合によっては2の倍数で増員される)。1小隊は14人~16人。士官2人、兵曹長1人、先任下士官1人、下士官・水兵10人~12人の編成とされる。武器・装備は、任務内容や役割に応じて適意自由に選択される。

隊員は、退役後も従事した作戦や任務の内容を外部に公表することを良しとしない伝統がある[2]


部隊編成[編集]

潜水中の原子力潜水艦フィラデルフィアドライデッキ・シェルター内のSEAL輸送チーム隊員
海軍特殊戦グループ1
  • チーム1 … 極東アジアを除くアジア太平洋全域担当
  • チーム3 … 中東地域担当
  • チーム5 … 極東アジア担当(北朝鮮関連問題等で、韓国に駐留している。)
  • チーム7 … アメリカ西海岸担当
  • SEAL輸送チーム1 … ハワイ パールハーバーに拠点を置く。SDV(SEAL Delivery Vehicle SEAL専用小型潜水艦)専門部隊
海軍特殊戦グループ2

チーム6は対テロ特殊部隊DEVGRUとして独立している。チーム9は欠番である。

SEALs輸送チームはSEAL輸送潜水艇(SEAL Delivery Vehicle:SDV)と呼ばれる6人乗りの小型潜水艇を操作する部隊。潜水艇は密閉されておらず、長時間水に浸かるため、SEALsのような専門職でなければ搭乗できない。2003年のイラク戦争では海岸油田の偵察任務に従事し、そのまま強襲部隊に参加した。

入隊資格[編集]

訓練課程[編集]

基礎教育課程 (5週間)
志願者は、肉体と精神力の両面を評価され、SEALs勤務の条件を説明される。
SEAL体力審査テスト(PST)
このPSTでは、志願者がSEALsへ入隊するにあたって、肉体的条件を満たしているか審査する。その審査の中に、1500フィート(457m)を12分30秒以内で横泳ぎまたは平泳ぎで泳ぐことや、2分以内で腕立て伏せを42回、同じく2分以内で腹筋運動を50回、1.5マイル(2.4km)をブーツを履いて11分30秒以内で走るなどが入っている。

基礎水中爆破訓練[編集]

SEALsに入隊するには米軍の中でもっとも過酷とされる基礎水中爆破訓練(Basic Underwater Demolition/SEAL:通称BUD/S)を経なければならないが、約6ヶ月の訓練過程を耐えぬくことができるのは入隊志願者の15%から20%である[3]

第1段階:基礎訓練課程 (8週間)
ヘルウィークの様子
最初の4週間は、ブーツを履いて4マイル走、フィンを付けての2マイル水泳、櫓登りや綱登りなどで構成される障害走、丸太担ぎ、ゴムボートでの訓練などの体力や精神力を極限まで追い詰める体力訓練を行う。多少の水中工作や船舶操縦術も訓練されるが、主なこの訓練の意味は、志願者のやる気や身体的・精神的な強靭さ、他の志願者とのチームワークを計ることである。さらに、「水中順応訓練」「溺死防止訓練」と呼ばれることもある)では、両手首両足首を縛られた状態でプールに投げ込まれる。この状態で20分間水面に浮いており、さらに、プールの底に落ちているフェイスマスクを取ってこなければならない。
また、部屋の整頓や装備品の整備も厳しくチェックされる。
この訓練の4週間目に「地獄週間 (ヘル・ウィーク)」というものが行われる。志願者たちは5名から7名のチームを作らされ、5日間で体力を限界まで追い込む。その訓練内容には、何度もずぶ濡れにされて低体温症の瀬戸際まで立たされたり、腰まである泥の中を進みボートを数マイル運んだりもする。しかも、この地獄週間中の合計睡眠時間はわずか4時間しか与えられない。しかし、各訓練はチーム対抗戦となっており、課題を1位でクリアしたチームにはボーナス睡眠時間が1時間ほど与えられる。この地獄週間の主な意味は、あまりの過酷さに、醜態をさらさせて仲間よりも自分を優先させる志願者を暴くためである。
地獄週間を見事に突破した者は、少しの休息が与えられた後に水路学を4週間かけて学ぶ。
第2段階
潜水訓練課程 (8週間)
潜水技術や水中工作技術の向上を図る。この8週間で水中工作の基礎を教え込まれる。主に、開放式潜水器(圧縮空気を使用)や閉鎖式潜水器(100%の酸素使用)の訓練を受け、水中からの潜入のためスクーバダイビング術を学ぶ。なお、酸素濃度100%の気体を使用する場合、酸素中毒の関係から5メートル程しか潜水できない為、上陸作戦等の一部の作戦でしか使用できない。
第3段階
地上戦訓練課程 (9週間)
この段階に入ると、主に地上での戦闘訓練を行う。銃器爆発物の取扱、精密射撃、長距離偵察ロッククライミング航法、隠密潜入および離脱、小部隊戦術などが訓練される。この訓練の合間もほぼぎりぎりの制限時間が与えられた長距離走や長距離水泳が行われる。
この訓練の最後の3週間半は、カリフォルニア州サン・クレメンテ島で、今まで教わってきたことを活かし、広範囲な演習を行う。

訓練の間、担当教官らによる審議会(段階審査会と専門審査会)が行われ、能力不足のものに失格が言い渡される場合もある。また、残留が決定したとしても、1つ後のクラスに再履修生として廻される事もある。 なお、この一連の訓練が終了すればBUD/Sを卒業したと看做され、卒業式が行われるが、SEALの訓練はまだ続けられる。

最終訓練[編集]

空挺降下訓練 (3週間)
BUD/Sが終了した後も、まだSEAL入隊のための訓練が続けられる。SEAL候補生は、民間訓練施設(元SEAL隊員が運営)(かつては長年ジョージア州ベニング基地の陸軍空挺学校で行われていた)空挺降下訓練に励む。
訓練コースは3週間続き、第1週間は地上訓練で、降下と着地の基本技術を学ぶ。2週間目は高さ10.4mの塔からの降下着地訓練や、ブランコ式の着地訓練を装置を使っての訓練が行われる。3週目になると兵士たちはだんだん難易度を上げながら、夜間1回を含む5回のパラシュート降下を行う。無事に降下を終えた者たちは「空挺降下資格者」となる。
SEAL資格訓練(SQT) (15週間)
この訓練を受けるため、海軍特殊戦センターに戻り、15週間の訓練を行う。通信技術や舟艇操縦技術、近接戦闘狙撃空挺降下などを訓練する。この訓練の意味は、SEAL候補生を実際にSEALsとしての作戦に従事できる水準までに引き上げる事である。このSQTに合格すれば、海軍特殊戦章「三又鉾」を授与され、SEAL海軍下士官兵適性区分(NEC)コードを与えられる。
基礎寒冷地海洋訓練 (3週間)
SQTの後、最初の作戦部隊の配属される前の3週間は、アラスカ州コディアック島で寒中訓練を受ける。

その後は、SEALs隊員として作戦に従事するが、常時行われる実行訓練プログラムでは、外国語や30週間の衛生コースなどの技能を学ぶ。

ここまでおよそ2年6ヶ月かかるといわれている。

主な参加作戦[編集]

  • 1962年キューバミサイル危機 初代チーム2指揮官ロイ・ボーム海軍大尉によるキューバ偵察任務。
  • 1965年ドミニカ共和国内戦に参加。
  • 1964年-1973年 ベトナム戦争 メコン川流域における偵察任務。ベトコン北ベトナム軍の要人暗殺・誘拐、捕虜救出作戦に従事。後にPRUアドバイザーとして北ベトナム軍・ベトコンの体制を突き崩したフェニックス作戦に参加。
  • 1983年レバノン内戦でチーム4が駐留する。チャック・ファーラーの著作によると日中のベイルートでのパトロール任務の他、フランスによるシリア空爆の作戦で被撃墜パイロット救出に備えてシリアに潜入していた。
  • 1983年10月グレナダ侵攻 チーム6(現DEVGRU)がスクーン総督救出作戦と通信基地破壊作戦に参加する。その前に行われた飛行場へ発信機を取り付ける作戦は暴風雨の中の強行のため、パラシュート着水したチーム6の隊員中4名が溺死して失敗に終わる。通信基地破壊を果たしたキム・アースキン大尉12名は本部との通信が途絶え、グレナダ・キューバ軍の追撃に遭いながらも海へ飛び込んで逃げ切って全員生還する。スクーン総督邸へヘリコプターで到着したウェリントン・レナード大尉の小隊はグレナダ・キューバ軍に包囲されるも24時間にわたる攻防でスクーン提督とその家族を守りきり、自身の部隊も全員生還する。
  • 1985年10月豪華客船アキレ・ラウロ号シージャック事件にチーム6が出動。旅客機で逃亡した犯人グループを追跡した先のシチリアでイタリアの警察部隊と指揮権を巡って口論、犯人強襲には至らなかった。
  • 1987年ペルシャ湾を航行する民間及び軍事船舶の安全確保のための作戦プライムチャンス作戦第160特殊作戦航空連隊と共に参加。
  • 1989年12月パナマ侵攻 マヌエル・ノリエガ将軍追討作戦。チーム2の指揮官、ノーム・カーリー中佐と護衛隊員1人が運河河口にボートを乗りつけ、4名の隊員が潜水してノリエガ所有船舶のエンジンに爆薬を仕掛けた。設置後45分に船は大破する。チーム4の4小隊(推定48名)がパティーヤ飛行場のノリエガ所有航空機の破壊を実行する。事前までの計画立案不足と、敵側の情報が錯綜した中で実行される。格納庫付近でパナマ軍に待ち伏せされ、4名が死亡、8名が負傷する。航空機破壊は成功するものの、この時の指揮官は後年まで批判を受けることになる。チーム4でパナマ駐留経験があったマイケル・ウォルシュ少佐は、隊員の安全を考え航空機のタイヤを遠距離から狙撃する作戦を主張したが指揮官と対立し、実行前に作戦から外された。
  • 1991年湾岸戦争 イラク軍陽動作戦、被撃墜友軍パイロットの救出作戦など。
  • 1993年 ソマリア紛争でチーム6の4名がモガディシュの戦闘に参加。
  • 1998年ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争において、紛争地域の治安維持活動に従事。
  • 1998年リベリアの首都・モンロビアの米国大使館で発生した銃撃戦で、大使館内に立て篭もった米国人を救出する作戦シャドウ・エクスプレス作戦に参加。
  • 2001年11月よりアフガニスタンにおけるターリバーンアルカーイダ掃討作戦に参加。
  • 2002年3月アフガニスタンにおける多国籍軍によるアナコンダ作戦に参加する。陸軍のデルタフォースと共にタスクフォース11を結成し、ターリバーン政権打倒とアルカーイダ撲滅作戦に従事。CH-47ヘリより転落し、ターリバーンに射殺されたSEALsのニール・ロバーツ一曹の救出を巡って、SEALs隊員や第75レンジャー連隊隊員らが激戦を繰り広げる。
  • 2003年以降イラクにおいて各種作戦に従事
  • 2005年6月アフガニスタンの北東部山岳地帯で決行されたレッド・ウィング作戦_(アフガニスタン)でチーム10隊員がターリバーン拠点に潜入する。ターリバーンの主要メンバーの狙撃作戦だったが、4名のSEALs隊員が100名前後のターリバーン勢の攻撃を受け、マイケル・マーフィ大尉他2名が戦死、マーカス・ラトレル二等兵曹が唯一人生還する。救出に向かったCH-47ヘリもターリバーン勢に撃墜され、チーム10指揮官含む8人のSEALs隊員と8人の第160特殊作戦航空連隊隊員が死亡する、Navy SEALs創設以来最悪の出来事となった。
  • 2005年12月、米陸海空軍特殊部隊の混成部隊によるサッダーム・フセインの捜索・捕縛作戦であるレッド・ドーン作戦に参加。
  • 2009年4月、ソマリア沖の海賊によって拉致された米国人船長の奪還作戦を実行。犯人3名射殺、1名確保。人質は無事奪還。
  • 2011年5月、パキスタンアボッターバードの豪邸に潜伏中だった国際テロ組織、アルカーイダの指導者ウサーマ・ビン・ラーディン容疑者の殺害作戦に参加。SEALs隊員ら25名を乗せた4機の特殊ヘリコプター[4]で容疑者を急襲、約40分の銃撃戦の末、邸宅を制圧した。[5]その際同容疑者とその20歳の息子ら計5名を射殺した。同容疑者は武器を携行していなかったが、「抵抗した」ため射殺されたとされる。[6]
  • 2011年8月5日夜、アフガニスタンで米軍のCH47チヌークが撃墜され、22人のSEALs隊員が死亡した。これはタリバンが仕掛けた罠によるものであった。タリバンのカリ・タヒル司令官が、タリバンの会合があるとの偽情報を米軍に流し、米軍部隊を現地におびき出した。タリバンは現地までの唯一の飛行ルート上にある谷の両側の山に陣取り、誘き出されたヘリをロケット弾や現代兵器で攻撃して撃墜した。これにより、米軍兵士30人を含む38人が死亡し、このうち22人がSEALs隊員(その大半がチーム6所属[7])で3人が空軍特殊部隊員であった。カルザイ政権は5月のウサマ・ビンラディン殺害に対する報復とみている[8]
  • 2012年1月26日、ソマリアの武装勢力を急襲し、3か月にわたって人質となっていた人道支援団体職員2名を救出した[9]
  • 2013年10月5日、SEALsはソマリア南部ブラバにあるイスラム過激派組織アルシャバーブの重要人物(氏名不詳)の自宅を急襲した。しかし拘束に失敗した上、負傷させた「重要人物」の生死を確認することもなく撤収したため詳しい内容については不明。米当局者によるとアルシャバーブ側に数人の死者が出たが、米軍に死傷者はなかったという。

人物[編集]

マイケル・モンスーア。彼はアフガニスタンでの作戦中、仲間を守るために敵が使用した手榴弾に覆いかぶさり戦死し、911後の戦争では数人しか居ない名誉勲章受章者の1人となった。ズムウォルト級ミサイル駆逐艦の2番艦には彼の名前が付けられている。
4名で約100名のタリバン兵と交戦し、戦死したマイケル・マーフィー大尉。彼は名誉勲章を受章し、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の艦名にもなっている。
特殊作戦軍司令官・海軍大将。SEALs出身で中将以上になった初の人物。
  • リチャード・マルシンコ
DEVGRUの前身(あるいは同一組織とも)SEAL TEAM SIXの発足者。SEALsで対テロ対策を本格的に手がけた最初の人。自伝『Rogue Warrior』で有名になる。
元チーム4、チーム6隊員。映画『ネイビー・シールズ』、『ジャッカル』の脚本家。
  • トーマス・ノリス
ベトナム戦争中の1972年4月の被撃墜パイロット救出作戦の功績により名誉勲章を受章。
  • マイケル・ソーントン
ベトナム戦争中の1972年10月作戦中重傷を負ったトーマス・ノリス大尉の救出が功績として認められ、名誉勲章を受章。2008年1月時点では名誉勲章受章者中、生きて受章した最後の米国軍人といわれる。
宇宙飛行士に転身した元SEAL隊員。スペースシャトル国際宇宙ステーション任務で宇宙へ飛んでいる。
元プロレスラー、元ミネソタ州知事。ベトナム戦争中、SEALの原組織、UDT(水中爆破チーム)の隊員として南シナ海の作戦に従事。後にUDTがSEALに吸収されたため、UDT/SEALのOBに位置づけられる。
  • デニス・チョーカー
元チーム6の隊員でグレナダ侵攻ではスクーン提督救出作戦に参加している。リチャード・マルシンコ中佐の元部下。SEAL教官在任中にザ・ロックにSEAL隊員として出演している。自伝を出版している。ベストに装着したスリングと銃を連結する「チョーカースリング」は彼が考案した製品である。
  • ルディー・ボッシュ
サバイバー』の最年長出演者で、SEAL創設以来1990年まで最上級伍長を勤めた大ベテラン隊員。チーム2で数知れぬ隊員に体力訓練をほどこした。
  • ジェームス・ワトソン
ベトナム戦争期の隊員で現在UDT/SEAL博物館の館長をつとめる。
  • ボブ・ケリー
アメリカ上院議員でベトナム戦争期の隊員。作戦中の爆発で片足を失いながらも小隊を指揮して作戦を遂行した功績が認められ、名誉勲章を受章する。しかしベトナム戦争中の1969年、彼が指揮するチームがサンポン村で起こった虐殺事件に関与したことが2001年、元部下によって暴露される。
  • ドレイパー・カウフマン
第二次世界大戦中にSEAL前身の水中爆破チームを編成した海軍少将。ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の兄、プレスコットの義兄にあたる。
  • エリック・プリンス
最大手民間軍事会社であるブラックウォーターUSAの創設者。チーム8に属しハイチボスニアなどに赴任していた。
  • スコット・ヘルベンストン
17歳でSEALに入隊し、退役後は「クロオビキッズ」「G.I.ジェーン」「フェイス/オフ」のスタント・コーディネイトや人気テレビ番組「コンバット・ミッションズ」の出演者として活動していたが、経済的に困窮しブラックウォーターUSAのオペレーターとして活動することになる。しかし、イラクファルージャにて、警護業務中にイスラム過激派に襲撃され死亡。遺体は燃やされ、橋の上にロープで吊るされることになった。
1999年に海軍入隊。その後SEALsチーム3に配属。第二次湾岸戦線では海兵隊の市街掃討作戦にも随行するなどし、狙撃手として活躍。公式発表では160人を数える反政府武装勢力兵たちを倒し『ラマディの悪魔』と呼ばれ恐れられた。銅・銀星勲章他受勲多数。
2009年に除隊した後は、妻子が待つ地元テキサスへ帰り、PTSDに悩む帰還兵の社会復帰のためのNPO団体を設立し、支援活動に精力的に取り組んでいた。この他、自伝の執筆・出版、講演活動、クラフト・インターナショナル社の代表として民兵や個人警護などの訓練員としても活動した。
2013年2月2日、テキサス州 Rough Creek Lodge 射撃場で、PTSDを患う元兵士に射撃をさせていたが、その元兵士のピストル弾に倒れ、帰らぬ人となった。

SEALsが登場する主な作品[編集]

漫画[編集]

欠番となっているチーム9が極秘部隊「ナイトナイン」として登場する。夜戦を得意とし、イラクやアフガニスタンで活躍していたという設定。
SEALs特殊作戦部長であるレイヴンウッド少佐から、人材派遣会社ASE(特に斑鳩悟)に対して様々な依頼がなされる。
崩壊したネオ東京に潜入するアメリカ海軍の日系アメリカ人工作員チームと、アメリカ軍の若者達からなる「アキラ・鉄雄」暗殺部隊。

ゲーム[編集]

カウンターテロリスト部隊として登場
プラント編でデットセルの鎮圧および人質となった大統領救出のためにチーム10が出動するも、ヴァンプとフォーチュンに迎撃され、全滅してしまう。
敵兵として登場。
U.S. NAVY SEALs
U.S. NAVY SEALs
拡張パック「スペシャルフォース」に登場。
主人公のVSSE隊員「ロバート・バクスター」はVSSE入隊前にNavy SEALsに所属していたという設定がある。
アメリカ文明の海兵隊の代価ユニットとして登場。
中東某国のミッションで名前のみ登場。アル・アサドの宮殿で核爆弾を発見したが、解除のため派遣されたNESTチームとともに爆発に巻き込まれ、全滅。
ロシア軍に占領されたワシントンDCにおいて、レンジャーと協力して政府官庁の建物の奪還に当たる。登場はするが見た目上レンジャーと違いはない。
GPガチャにて期間限定で登場。
スエズ運河臨検ミッション、大統領救出ミッションで登場。
主人公であるセクションが所属している。他には1989年のパナマ侵攻でマヌエル・ノリエガの飛行機を破壊するシーンもある。

ドラマ[編集]

シーズン7で架空のPMCスタークウッド社にFBIが立ち入り検査をする際に同行する。
主人公のマクギャレットはNavy SEALsの予備役少佐で、捕虜を救うためにチーム9と協力して非公式の作戦に臨む。

映画[編集]

エド・ハリスメアリー・エリザベス・マストラントニオ 等が出演。海底油田発掘の際、未知との海溝であるモノ達と出会うストーリー。マイケル・ビーンがシールズ隊隊長として出演。
マイケル・ビーン演じる部隊長、カラン中尉が率いるシールズ部隊の映画。チャーリー・シーンも出演。脚本は元SEALチーム6隊員のチャック・ファーラー。
主人公・ライバック(セガール)は、元SEALs対テロ部隊の指揮官という設定。劇中でもハイジャックされた戦艦の奇襲作戦に最精鋭のSEALチームが投入される描写がある。
ロブ・ロウ主演
アルカトラズ島に立て篭もった海兵隊強行偵察部隊から人質を救出し、VXガスを無能力化するため、主人公二人と共に潜入する。当時の現役SEAL隊員(訓練教官)デニス・チョーカーが隊員として出演している。これまたマイケル・ビーンが隊長役を務めている。
デミ・ムーアが演じるジョーダン・オニール大尉が選抜訓練を受ける部隊として登場。
スパイ容疑で中国当局に拘束されている、CIA工作員トム・ビショップ (ブラッド・ピット)の奪回に、台湾(もしくは沖縄県か?)の基地を発進した、SEALsの救出チームが、香港郊外の刑務所を急襲する。
ブルース・ウィリスが演じるウォーターズ大尉が指揮する部隊として登場。
ジェームズ・ダットソン監督のシールズ部隊が主人公。
ティム・マシスン監督のシールズ部隊が主人公のアメリカ映画。
終盤でチーム4がトマホーク巡航ミサイルの誘導とディセプティコンを攻撃するために登場。
Seals隊員役として、現役のSeals隊員が出演。
2009年に発生した「マースク・アラバマ号」乗っ取り事件の伝記映画。ソマリア海賊の人質となったフィリップス船長を救助するSeals狙撃部隊役を実際の元Seals隊員が演じた。
レッド・ウィング作戦_(アフガニスタン)の生き残り、マーカス・ラトレル著の「アフガン、たった一人の生還」を原作に、作戦の全貌を描く。監督はピーター・バーグ
狙撃犯、狙われた関係者らが元SEALSの面々。

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]