ネイト・ポター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネイト・ポター

Nate Potter
アリゾナ・カージナルス No. 76

タックル
生年月日:1988年5月16日(26歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コロラド州デンバー
身長:6' 5" =約195.6cm 体重:295 lb =約133.8kg
NFLデビュー
2012年アリゾナ・カージナルス
経歴
大学ボイシ州立大学
NFLドラフト2012年 / 7巡目(全体の221番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
出場試合数     21試合
先発出場試合数     6試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ネイト・ポター(Nate Potter 1988年5月16日- )はコロラド州デンバー出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはタックル

経歴[編集]

ボイシ州立大学で2008年から2011年まで4シーズンプレーした。

2年次、3年次にはウェスタン・アスレティック・カンファレンスのファーストチームに、4年次はオフェンシブラインのリーダーを務め、NCAAディビジョンI所属校中、最少の8サックしか相手に許さず、マウンテン・ウェスト・カンファレンスのオールチームに選ばれた[1]

1年次の2008年は、左タックルとして3試合、右タックルとして5試合に先発した。2年次の2009年にも、シーズン開幕から1ヶ月経過した後、先発選手に昇格した。3年次の2010年には、AP通信からオールアメリカンサードチームに選ばれた[2]

ドラフト前のスカウティング・コンバインの3コーンドリルでは全オフェンシブラインマン中4位タイの7秒49を記録したが、エリートプロスペクトとは評価されず、先発の座を確保するには、改善が必要であると判断された[3]

2012年のNFLドラフトでは7巡でアリゾナ・カージナルスに指名された。先発左タックルのリーバイ・ブラウンがシーズン開幕前に故障者リスト入りし、ダントニー・バティステのパスプロテクションが機能しないことから、第11週のアトランタ・ファルコンズ戦より、左タックルとして先発することとなった[4]。同年6試合の先発出場を含む、8試合に出場した[5]

2013年、左ガードのダリン・カレッジの控えとしてシーズンを迎えた[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NFL Draft Prospect Stats”. 710 ESPN Seattle. 2014年1月4日閲覧。
  2. ^ NFL Draft Scout.com”. CBSスポーツ. 2014年1月4日閲覧。
  3. ^ Scouting Report”. 710 ESPN Seattle. 2014年1月4日閲覧。
  4. ^ カーディナルス、下位指名の新人2タックルを先発起用”. アメフトNewsJapan (2012年11月17日). 2014年1月4日閲覧。
  5. ^ Biography”. アリゾナ・カージナルス. 2014年1月4日閲覧。
  6. ^ Bob McManaman (2013年9月12日). “Arizona Cardinals offensive linemen Bobby Massie, Nate Potter patiently wait for chances to play”. azcentral.com. 2014年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]