ヌース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヌース(ヌウス、: νους, nous)は、理性知性精神等々を意味するギリシャ語

アナクサゴラスは世界はヌースが支配しており、人間はヌースを把握することができると考えた。また、プロティノスは万物は一者から流出したヌースの働きによるとした。ストア派においてはロゴスとほぼ同義で用いられる。

イマヌエル・カントの哲学においては、この語から派生した「ヌーメノン」(noumenon, 考えられたもの)という語が、「物自体」と同義で用いられる。

執筆の途中です この「ヌース」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。