ヌメルス・クラウズス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヌメルス・クラウズス(ラテン語:Numerus Clausus:定員制限の意)とは、ドイツで導入された全国的な入学制限の制度のこと。アビトゥア資格を有するものは希望するあらゆる大学へ入学できるのだが、近年その希望者の増加に伴い、大学の学生収容能力を超えるところがでてきた。これに対処するために導入された大学入学の際の選抜がヌメルス・クラウズスである。主に人気の大学や分野(医学部法学部等)に適用される。

またヌメルス・クラウズス適用学科でも、定員数の一定の割合は外国人希望者用に割り当てられている。これは、外国人がドイツの総合大学で学ぶことを重視しているためである。