ヌスレット (機雷敷設艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ottoman minelayer Nusret.jpg
竣工時の「ヌスレット」
艦歴
発注 ゲルマニア社キール造船所
起工 1911年
進水 1911年12月
就役 1913年
退役
その後
除籍 1955年
前級 -
次級 atak
性能諸元
排水量 常備:365トン
満載:-トン
全長 40.2m
全幅 7.57m
吃水 3.4m
機関 シュルツ式石炭専焼水管缶2基
+三段膨張式三気筒レシプロ機関2基2軸推進
最大出力 竣工時:1,200hp
最大速力 竣工時:15.0ノット
航続距離 竣工時:-ノット/-海里
燃料 竣工時:石炭:-トン
乗員 59~68名
兵装 竣工時:4.7cm(-口径)単装速射砲2基
機雷40発
オチキス 5.7cm(40口径)単装速射砲2基
機雷60発

ヌスレット(Nusret または Nusrat)はトルコ海軍機雷敷設艦で同型艦はない。本艦は1915年のガリポリの戦いの経過に大きな影響を与えた。

概要[編集]

本級はトルコ海軍が自国の沿岸防御のために1929年度海軍計画においてドイツのゲルマニア社キール造船所に発注・建造したクラスである。

艦歴[編集]

ヌスレット

1915年3月15日にヌスレットの敷設した機雷によってイギリスの前弩級戦艦イレジスティブルオーシャン、フランスの戦艦ブーヴェが沈み、イギリスの巡洋戦艦インフレキシブルが損傷した。1918年にイスタンブール所属。1937年に潜水艦母艦「Yardin」と改名するも元名に戻される。1955年に除籍後、記念艦となる。

ヌスレットはメルスィンで記念艦として保存されている。またヌスレットと名づけられたレプリカがダーダネルス海峡沿岸のチャナッカレで第一次世界大戦時の機雷と共に展示されている。

外部リンク[編集]