ヌクラエラエ環礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌクラエラエ
—  環礁  —
環礁全域を写した航空写真
環礁の地図
ヌクラエラエの位置(ツバル内)
ヌクラエラエ
ヌクラエラエ
ツバルにおける位置
座標: 南緯09度22分52秒 東経179度51分08秒 / 南緯9.38111度 東経179.85222度 / -9.38111; 179.85222
ツバル
人口 (2002)
 - 計 393人

ヌクラエラエ環礁(ヌクラエラエかんしょう、Nukulaelae)は、ツバルに6つある主要な環礁のひとつ。2002年の国勢調査時点で393人が暮らす。少なくとも16の小島で構成されるが、グアノ島法に基づき1800年代からツバル領と認める1983年までアメリカ合衆国が領有権を主張していた。

選挙区[編集]

ヌクラエラエ環礁にも国会の全8選挙区のうちのひとつが割り振られているが、ほかの選挙区の定数が2人なのに対してこの選挙区だけ1人になっている。2010年の総選挙では、前回2006年の総選挙で現職のビケニベウ・パエニウ議員を破って初当選を果たしたナモリキ・スアリキ議員が二選された。2006年の総選挙では、現職のビケニベウ・パエニウのほかに彼の兄弟のイエファタと甥のルケも出馬した[1]

2010年の選挙結果[2][編集]

候補者名 得票数
ナモリキ・スアリキ 148票
ヴァエフィトゥ・パエニウ 117票

2006年の選挙結果[3][編集]

候補者名 得票数
ナモリキ・スアリキ 109票
ビケニベウ・パエニウ 65票
イエファタ・パエニウ 64票
ルケ・パエニウ 21票

※ツバルには政党というものが存在しない。

脚注[編集]

  1. ^ "Election Results Bring Changes", Tuvalu News, August 3, 2006
  2. ^ Cannon, Brian (2010年9月16日). “Tuvalu Election Results”. Tuvalu News (Tuvaluislands.com). http://www.tuvaluislands.com/news/archives/2010/2010-09-16.html 2010年9月17日閲覧。 
  3. ^ "Election Results Bring Changes", Tuvalu News, August 3, 2006