ヌウアヌパリ・ルックアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌウアヌパリ・ルックアウトからカネオヘ太平洋を見下ろす
ヌウアヌパリ・トンネル

ヌウアヌパリ・ルックアウト英語: Nu'uanu Pali Lookout or State Wayside)はアメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島の東北部にある見晴台である。

概要[編集]

ヌウアヌパリ・ルックアウトはハワイ島の東北部にある見晴台で、コオラウ山脈中の峠に当たり、近くをハワイ州道61号en:Hawaii Route 61)がトンネルで貫通している。風上側のカイルアカネオヘ太平洋を見下ろすこの見晴台は、背後の風下側にあるホノルルとを結ぶ旧パリ道路(Old Pali Road)の峠に当たっていた。 カメハメハ大王の1795年のオアフ島侵略の時に戦場になり、オアフ軍をヌウアヌパリの断崖に追い詰めて、300メートルもの崖下へ突き落したいう。 [1] [2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヌウアヌパリ・ルックアウト写真集
  2. ^ ヌウアヌパリ展望台

外部リンク[編集]