ニール・アームストロング (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニール・アームストロング
Neill Armstrong
生年月日 1926年3月9日(88歳)
生誕地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州ティショミンゴ
ポジション エンド、ディフェンシブバック
大学 オクラホマ農工大学
NFLドラフト 1947年/第1巡(全体8位)
レギュラーシーズン: 30勝34敗
ポストシーズン:       0勝1敗
キャリアレコード:     30勝35敗
選手成績 Pro Football Reference
選手成績 DatabaseFootball
コーチ成績 Pro Football Reference
コーチ成績 DatabaseFootball
所属チーム(選手)
1947-1951
1950年代初め
フィラデルフィア・イーグルス
ウィニペグ・ブルーボマーズ (CFL)
所属チーム(コーチ/管理職)
1962-1963
1964-1969
1970-1977
1978-1981
1982-1989
ヒューストン・オイラーズ (AC)
エドモントン・エスキモーズ (AC) (CFL)
ミネソタ・バイキングス(AC)
シカゴ・ベアーズ (HC)
ダラス・カウボーイズ (AC)

ニール・アームストロング1941年12月6日 - )は、オクラホマ州ティショミンゴ出身の元アメリカンフットボール選手、アメリカンフットボールコーチ。、カレッジフットボール、プロフットボールで合計40年以上のキャリアがある。

選手歴[編集]

1943年から1946年までオクラホマ農工大学でプレーした後、1947年のNFLドラフト1巡目全体8位でフィラデルフィア・イーグルスに指名されて入団し、攻撃ではエンド、守備ではディフェンシブバックとしてプレーした。彼の活躍もありチームは1948年、1949年とNFLチャンピオンシップゲームで優勝を果たした。

1951年までの5シーズンで残した成績はパスレシーブ76回で961ヤードを獲得、11タッチダウン、9インターセプトであった。

1950年代初めにはCFLウィニペグ・ブルーボマーズでもプレーした。

指導者歴[編集]

1962年にAFLヒューストン・オイラーズのアシスタントコーチとなりプロフットボールでのコーチ歴が始まった。2年後の1964年にはCFLのエドモントン・エスキモーズのヘッドコーチに就任し[1]6シーズン務めた。この間3回チームはポストシーズンに出場した。1970年からはミネソタ・バイキングスのアシスタントコーチとなりその内の7シーズンはディフェンシブコーディネーターを務め[2]パープル・ピープル・イーターズと呼ばれた強力なディフェンスの構築に力を尽くした。バイキングスはこの時期、第8回第9回第11回と3回のスーパーボウルに出場した。

1977年シーズン終了後、ワシントン・レッドスキンズのヘッドコーチに就任したジャック・パーディーの後任として1978年2月16日、シカゴ・ベアーズのヘッドコーチに就任した。1978年には7勝9敗、1979年には10勝6敗でプレーオフに出場した。1980年には7勝9敗、1981年には6勝10敗で終えた。この4シーズンのレギュラーシーズンの成績は30勝34敗で、NFC中地区でベアーズより成績が良かったのはミネソタ・バイキングスだけであったが1982年1月3日チームから解雇された[2]。そのわずか2ヶ月ほど後、ダラス・カウボーイズのアシスタントコーチに就任し、8シーズン務めた後、トム・ランドリーヘッドコーチが新オーナーのジェリー・ジョーンズに解任されジミー・ジョンソンヘッドコーチ就任後の1990年2月22日アシスタントコーチから退いた[3]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Edmonton Eskimos History”. エドモントン・エスキモーズ. 2010年5月5日閲覧。
  2. ^ a b Bears fire Neill Armstrong as coach”. Anchorage Daily News (1982年1月5日). 2010年1月5日閲覧。
  3. ^ Cowboys hire Avezzano, finish rebuilding staff”. Austin American-Statesman (1990年2月23日). 2010年5月5日閲覧。
  4. ^ Coach’s Future Is in the Hands of Mama Bear”. ニューヨーク・タイムズ (2010年1月2日). 2010年5月5日閲覧。
  5. ^ シカゴ・ベアーズ時代のディフェンシブコーディネーター、その後彼の考案した46ディフェンスによってベアーズは第20回スーパーボウルを制した。
  6. ^ Like father, like son: Rex Ryan's Jets look familiar to Buddy Ryan”. スポーツ・イラストレイテッド (2010年1月21日). 2010年5月5日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
スティーブ・バン・ビューレン
フィラデルフィア・イーグルスドラフト1巡指名
1947
次代:
クライド・スコット
先代:
ジャック・パーディ
シカゴ・ベアーズヘッドコーチ
1978–1981
次代:
マイク・ディトカ