ニーベルングの指環 (松本零士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニーベルングの指環』(ニーベルングのゆびわ)は、松本零士による日本漫画リヒャルト・ワーグナーの楽劇『ニーベルングの指環』をモチーフとした作品である。本項では、これを原作としたOVA作品『ハーロック・サーガ ニーベルングの指環』についても併せて記述する。

概要[編集]

若き頃よりワーグナーの楽劇『ニーベルングの指環』の漫画化を構想していた松本がキャプテンハーロックを中心に換骨奪胎して描いた作品である。当初は新潮社の雑誌『中古車ファン』の1990年10月10日号から1991年11月25日号にかけて連載が行われたが、休刊により第一部で終了となる。第一部では掲載誌に合わせトチローが移動に使用する車が宇宙空間でも走ることが出来るベンツ190SLであるなど、かつての名車が登場している。その後新潮社のWEBマガジン『Web新潮』1997年4月号より連載を再開するも第四部の途中で連載が途絶えており、単行本も第三部の刊行で止まっている。Webでの連載に移行してからはPCモニタでの見栄えを重視した構成となり、単行本で見るとほとんどのページが上下半分に分かれたコマ割りとなっている。

物語[編集]

第一部 ラインの黄金
手にした者は全宇宙を支配できるという指輪、その材料となる惑星ラインの黄金がニーベルングの首領アルベリッヒに奪われてしまう。
黄金の指輪を手にしたアルベリッヒは支配者ヴォータンの治めるワルハラへの侵攻を開始、一方神話の時代に起きたことが再び始まるというミーメの警告に従いハーロックとトチローもアルカディア号でワルハラへ向かう。
第二部 ワルキューレ
時間を超越する力を持つヴォータンは、ワルハラを襲う前の時代でハーロックとトチローを抹殺するため自らの娘であるワルキューレの9人姉妹を送り込む。
時は戻り西暦2964年。地球は第一次星間大戦に敗北し、ヴォータンに支配される暗黒の時代。グレート・ハーロックとドクター大山、そしてその一党は密かに建造したデスシャドウ1号艦で地球を飛び立つ。デスシャドウ1号艦で惑星メタブラディに降り立ったグレート・ハーロックとドクター大山は、自らの命を狙うメタノイドの女戦士ヘルマザリア、ワルキューレの長女ブリュンヒルデと酒を酌み交わす。一方謎の宇宙船を見つけたハーロックとトチローはその中に招かれる。そこにはその宇宙船クイーン・エメラルダス号に導かれて来た999号に乗って旅する姉妹エメラルダスとメーテルがいた。
第三部 ジークフリート
ヴォータンによりクリスタルの棺に封じ込められたワルキューレを助けるため惑星ラインに向かうデスシャドウ号、そこにはヴォータンの手の者が待ち構えていた。
第四部 神々の黄昏

登場人物[編集]

※声はOVA版のもの。

ハーロック
声:山寺宏一
トチロー
声:山寺宏一
本作でもすでに病に犯されている。
ヤッタラン副長
声:千葉繁
メーテル
声:池田昌子
エメラルダス
声:勝生真沙子
台場正
声:関俊彦
宇宙に名高い機械工。その技術は亡き父から受け継いだものであり、アルベリッヒに命令されて黄金の指輪を作成することとなる。
ミーメ
声:弥永和子
ニーベルング族の娘、悠久の時を生きており北欧神話に登場するミーメその人。
アルベリッヒ
声:安原義人
ミーメの兄、ニーベルング族はこの兄妹が最後の生き残りである。ヴォータンの走狗であったが黄金の指輪を手にし反旗を翻す。
フライア
声:篠原恵美
ミーメと並ぶ重力オルガンの演奏者。彼女に触れたいとするファゾルト兄弟の求めに応じたウォーダンにより二人の前に出される。
ヴォータン
声:石田太郎
北欧神話のオーディンその人。宇宙の全てを治めるものと自称。
ブリュンヒルデ
ヴォータンの娘でワルキューレの長女。
フリッカ
声:上田みゆき
オーディンの妻。
ヘルマザリア
銀河鉄道999』エターナル編で登場した地獄の聖母騎士。本作では第2部「ワルキューレ」で登場。
グレートハーロック
ハーロックの父。デスシャドウ号で地球から旅立つ。ジークフリートの再来と言われる。
ドクター大山
トチローの父。グレートハーロック共に地球を旅立つ。
台場工場長
正の父。グレートハーロックやハーロックと共に宇宙を旅しておりNo.0の戦士の銃を愛用。ミーメを救いハーロック一党に迎えたのも彼である。

メカニック[編集]

艦船[編集]

アルカディア号
『999』劇場版、『わが青春のアルカディア』などに登場する、船体色が緑のいわゆる髑髏艦首型
デスシャドウ号
ドクター大山製の宇宙戦艦。1号艦は地球で作成されて宇宙への脱出に使用。2号艦は建造途中のものが海賊島に係留されていた。1号艦はこれまでのデスシャドウ号と髑髏艦首型アルカディア号を合わせたようなデザインで、2号艦は『宇宙海賊キャプテンハーロック』等に登場する、船体色が青のいわゆる鋭角艦首型と同型でありドクター大山の「デスシャドウ2号はおまえの思い通りに改良していいぞ。おまえたちの夢だったアルカディア号の試作艦として改名してもいいぞ。」との台詞から、本作では本艦を改装したものがアルカディア号の1号艦であるとみられる。
なお、本作OVAが出た1999年にJESNETから発売された艦首鋭角版アルカディア号のポリストーンTOYも、本作の設定からデスシャドウの名前が宛がわれている。
クイーン・エメラルダス号
『999』劇場版や『エメラルダス』OVAなどに登場するアニメ版デザインとなっている。第2部で登場。
大帆船
エメラルダスが第1部で使用しているが劇中で船名が明かされていないため、これもエメラルダス号かは不明。
白鳥のように優美な形をした船で、恒星の光の圧力を受けて航行する。設計者はトチロー。エメラルダス以外にも乗員がいるのが確認できる。
アルベリッヒの旗艦
『ハーロック』アニメ版に登場した女王ラフレシアの乗艦、ドクラスと同型のデザインをしている。

その他[編集]

999号
『999』でおなじみの銀河超特急は、本作でも登場。
ヴォータンの大要塞
映画『スター・ウォーズ』に登場する、第2デス・スターそっくりのデザイン。ワルハラ防衛の要であり、ファゾルト兄弟により建造される。

舞台[編集]

ライン
宇宙を支配する黄金のある星。三乙女に守られており行方不明であったミーメはこの星で重力オルガンを弾いており、トチローがそれを突き止めたところから物語が始まる。
地球
かつてはヴォータンに支配されていたが、現在はその支配から逃れ20世紀末の姿で再建されている。
ヘビーメルダー
『999』や『ハーロック』など、多くの松本作品に登場する宇宙最大の自由港。
メタブラディ
ヘビーメルダー同様の次元交差点、ヒューマノイドとメタノイドの交わる星。エメラルダス号に導かれて4人が初めてあった場所。
海賊島
ハーロック一族の宇宙船に常によりそって移動する補給基地の小惑星。『ハーロック』にも2種類の海賊島が登場するが、これらとは形状が異なる。実在する小惑星Reiji6565でありドクター大山が「名前の元になったご先祖様」と語っていることから大山家には松本の血が流れていることがわかる。

OVA[編集]

1999年にバンダイビジュアルより第一部が全6巻のOVA『ハーロック・サーガ ニーベルングの指環』としてリリース。富山敬の死後、トチローを演じてきた山寺宏一はハーロックとの2役。第二部以降は製作されていない。 BGMにはワーグナーの楽曲がふんだんに使用されている。

スタッフ
  • 原作・総設定:松本零士
  • 監督:竹内啓雄
  • 脚本:日吉恵
  • 絵コンテ:奥脇雅晴
  • 演出:日巻裕二
  • キャラクターデザイン・作画監督:本橋秀之
  • メカニック作画監督:石本英治
  • メカニックデザイン:板橋克己、堀井敏之
  • 美術監督:本田修
  • 音楽:和田薫
  • 演奏:モスクワ・インターナショナル・シンフォニー・オーケストラ
  • 制作協力:BEE MEDIA、スタジオキャブ、円谷プロダクション
  • 制作:バンダイビジュアル、81プロデュース
主題歌
  • アウリフェア~約束の地へ~(前期エンディング)
  • ドゥルイド“樫の木の賢者”(後期エンディング)