ニーナ・ヴィダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニーナ・ヴィダル
}
基本情報
ジャンル コンテンポラリージャズ、ソウル、ポップ、ワールドミュージック
職業 シンガーソングライターピアニストアレンジャー
活動期間 2004年-現在
レーベル Village Again, VAA Urban, Sweet Mimosa, Ccreatives Group
公式サイト www.ninavidal.com

{{{Influences}}}

ニーナ・シモン・ヴィダル(Nina Simone Vidal, 4月20日 - )は、アメリカ合衆国シンガーソングライターピアニスト。ニーナ・ヴィダルの名前で知られる。

2008年にアルバム「ニーナ・ヴィダル」を発表。日本で大きな反響を得て、発売後6日間でiTunesで最も多くダウンロードされ、日本のコンテンポラリージャズアルバムの分野では一位となった。このアルバムのうち5曲はiTunesの中で最もダウンロードされたジャズとなった。

2010年にはシングル「シガレット&ワイン」と、ポール・マッカートニーの名曲をカバーした「マイラブ」をiTunesで発表。これらは9月1日に発表されたセカンドアルバム「オープンエンディドファンタジー」にも収録されており、2011年の夏にはアメリカでもリリースの予定。

キャリア[編集]

ニューヨーククイーンズ生まれ。ニューヨーク大学在学中に、毎月「オープンマイクナイト」と呼ばれるイベントに参加。そこで出会ったミュージシャン、プロデューサー、作曲家でもあるCatêにデモテープが認められる。これらの曲は後にEPに収録されてアルバム「Do it again」となる。

2006年、日本のレコードレーベル Village Againの幹部が歌声を聞き、フルアルバムの制作および契約の話を持ちかける。

2008年、Village Again(レーベルはUni-Village)からアルバム「ニーナ・ヴィダル」が発表される。フィンランドのソウルミュージック専門誌The Soul Expressは「時を超えた傑作」と賞賛。Allmusic.comのアダム・グリーンバーグは、「様々なクラシック界の女性シンガーからインスピレーションを受けつぐ。静かにゆっくりと解きほぐれていくようなスタイル」と記述した[1]

「ニーナ・ヴィダル」は、日本ではノラ・ジョーンズのアルバム「Come Away With Me」をおさえ、コンテンポラリージャズの分野で8ヶ月間トップを維持。その年の9月にiTuneから最もダウンロードされたアルバムとなった。このうちの5曲は日本のiTineからダウンロードされたジャズソングの中でトップ10入りした。当時彼女は25才。

2010年、日本のユニバーサルミュージックとサブパブリッシング契約を結ぶ。セカンドアルバム「オープンエンディドファンタジー」でもプロデューサーのCatêが協力している。

各国での認知度[編集]

母国アメリカでの認知度は、アジアのファンからの評価によって支えられているといってよい。2004年に発売されたファーストアルバムは、日本のビルボードチャートでトップの座を維持し続けた。シンガポール、フィリピンでも人気を博している。

2010年のセカンドアルバム「オープンエンディドファンタジー」は日本のみで先行リリースされた。米国版のリリースは2011年の予定。 2011年1月に、60年代、70年代、80年代のラブソングをカバーしたアルバム制作を開始。2011年の春に前回と同じ日本のレコードレーベルであるUni-Villageより発表予定。

生活[編集]

ニューヨーク在住。アジアやヨーロッパへのツアーをたびたび行なう。

音楽面での影響[編集]

他のミュージシャンとのコラボ[編集]

  • セカンドアルバム「オープンエンディドファンタジー」では、ロニー・プラキシコ、ジーン・ケーズ、ジェフ・ヘインズ、リー・ホーガンズ、ジョディレデージなどのアーティストとコラボレーションしている。
  • Kenichiro NishiharaによるアルバムMoon Childでは主要なボーカリストとして参加している。
  • プロデューサーで作曲家のCatéとはすべての作品でコラボレートしている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 「シガレット&ワイン」

アルバム[編集]

  • 「ニーナ・ヴィダル」(アメリカでは2007年、日本では2008年にリリース。)
  • 「オープンエンディドファンタジー」(2010年

コンピレーション[編集]

  • Kenichiro NishiharaのLifeに収録された「Moon Child」の他、「Luv U: 100% Reggae Female Vocal Collection」がある。
  • シンガポールドイツイギリスでもコンピレーションを行なっている。

出典[編集]

  1. http://itunes.apple.com/us/album/cigarette-wine-single/id382169177
  2. http://www.cdbaby.com/cd/catefunkyworld/from/swissgroove
  3. http://www.allmusic.com/album/nina-vidal-mw0001715654
  4. http://www.cduniverse.com/productinfo.asp?pid=8244182
  5. http://www.cdbaby.com/Artist/NinaVidal1
  6. http://www.cdbanq.com/Nina-Vidal--The-Open-Ended-Fantasy-1-Japan-CD-VAUR-8_p_29169.html
  7. http://www.facebook.com/missninavidal?v=info
  8. http://archive.is/20120701093301/ibis56.blogspot.com/2010/04/blaks-lair-family-present.html

脚注[編集]

  1. ^ http://www.allmusic.com/album/nina-vidal-mw0001715654 allmusic.com(2012年7月22日閲覧)。

外部リンク[編集]