ニードルガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニードルガン、あるいは小型の金属製のを弾体とするである。日本語では短針銃(たんしんじゅう)と訳される。英語ではneedle gunの他、needlerflechette gunfletcherともいう。多くはSFに登場する架空の武器である。実在の兵器の場合Needlegunは水中銃を意味する。

SFへの登場[編集]

超高速で射出された多数の針により、対象をボロ布のようにしてしまう破壊兵器である。強力なものでは、超硬質の針で金属さえもズタズタにしてしまう。また、綿埃のように細かい針を射出し、神経を破壊して死に至らしめる対人専用のものもある。 針を射出する形式は様々に設定されており、高速の空気流に針をのせるもの、レールガンのように電磁的に打ち出すもの、多数の針を口紅のように固め、実包として発砲するものなどがある。微小な弾を大量に打ち出す散弾銃の一種ともいえる。 アイデアとしてはアメリカのパルプフィクションSFに多く登場し、その影響で日本では1980年代から90年代に「短針銃」の登場する多くの作品が生み出された。 多くのニードルガンは可動部分を持たずに設定され、動いていくのは弾体のみである。例についてはコイルガンやレールガンの項を参照のこと。

理論的な考察[編集]

弾頭の質量が小さいため、速度を上げてもエネルギーの量が少なく、大気中で使用する場合は空気抵抗により短い距離でエネルギーを失ってしまい、有効射程距離が実用に耐えないほど短いものになってしまう。真空の宇宙など空気抵抗が存在しないない場合でも弾頭のエネルギーが小さいため、宇宙服のような微小スペースデブリを防げるようなものに対しては全く効果が期待できない。これはバードショットのような弾頭の小さい散弾をばら撒くショットガンの射程が短く貫通力が弱いことと全く同じである。 実在するニードルガンはSF作品とは逆で抵抗の大きい水中で飛ばすために質量の大きな大型のニードルを発射する武器として作られている。 反動に関しても一度に発射する量が多ければ投射質量に比例して反動は大きくなるため、普通の銃より反動が小さいとは考えにくい。 また、弾頭が小さすぎると、効率よくエネルギーを伝えるのが難しくなり逆に速度が上がらなくなってしまう。これはライフル銃と散弾銃の関係と同じである。

通常は弾丸の人体へのダメージ効果は主に大量出血によるショック死で、従来型の銃器よりも小口径のニードルガンでは大量出血が期待できず、効果が薄い可能性がある。 を弾丸に仕掛けた場合でも、毒は短期間で変質し効果が期待出来なくなるので、弾丸を長期保管する事も困難になり、大量生産される工業製品としての火器として利用するには実用性が薄いとも考えられる。

もっともパルプフィクションSFでは、宇宙空間で宇宙服に穴を開けさえすれば相手を致命的な状態に追い込む、といった描写も見られる。

実在のニードルガン[編集]

14世紀に始まる初期の火器において、最初の発射物は皮などにくるまれた手作りの鉄の矢であった。しかしながら費用がかさむこと、工業化以前の社会においては手間暇がかかりすぎることから、やがて粗雑な石の弾丸に取って替わられた。

鉄矢が兵器として再び広く使われたのは、第一次世界大戦において航空機から投下されたものである。その後も矢を使った兵器はいくつか発明されたものの、普及することはなかった。

現在では矢状の弾体を装弾筒に納め散弾銃グレネードランチャーで使用できるフレシェット弾がある。また、10センチ程の長さの矢を発射する水中銃も実用化されておりニードルガンと呼ばれている。

なお、ヨハン・ニコウラス・フォン・ドライゼが1836年に開発した、ボルトアクションライフルの始祖となった銃もニードルガンと呼ばれる。これは弾丸と紙で包んだ装薬の間に雷管をはさみ、装薬を貫いて針状の撃針で撃発させる方式からこう呼ばれるもので、針を弾体とするものではない。

また、ニードルスケーラーという工具もニードルガンと呼ばれることがある。、多数の針が前後に激しく往復し、対象に押し当てることで錆や古い塗装を剥がすのに使われる。


登場作品[編集]

小説[編集]

漫画・アニメ[編集]

  • 8マン
  • 黄金バット - アニメ版第44話に登場するロボット怪獣ライガーマンが内蔵していた。細かい針弾を毎秒3000~6000発発射する。
  • 無限のリヴァイアス - 対人用。宇宙船内における隠密・威圧のための低反動銃として描かれている。弾発射の動力源はガスカートリッジ。
  • 新世紀エヴァンゲリオン - 巨大ヒト型兵器の内蔵装備。弾も巨大で、その形状は円錐に近い。至近距離用。
  • コブラ - 対人用。「2人の軍曹」編のヒロイン・シエラ少尉が使用。
  • ワッハマン
  • パタリロ!魔夜峰央) - 単行本8巻(花とゆめCOMICS版)で、殺人事件の目撃者であるラシャーヌ(ラシャーヌ!の主人公)を狙う刺客が用いた。作中では「短針銃」という呼称が用いられており、「短針銃とはその名のとおり圧縮ガスの力で一度に数万本の極小の針を射ち出す武器です これにやられると鋼鉄の板でもボロボロになるそうです」と解説されている。
  • ノーラの箱船御厨さと美
  • スケバン刑事和田慎二) - 外国人の黒メガネ達が使用した「短針銃」。サキも奪って用いている。ガス圧式で無声に近く、一度に数十発の遅効性毒針を相手へ撃ち込んで死に至らしめる。

ゲーム[編集]

関連項目[編集]