ニーオーレスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニーオーレスンの夏

ニーオーレスン(Ny-AlesundまたはNy-Ålesund、「新しいオーレスン」の意)は、北緯78度55分 東経11度56分 / 北緯78.917度 東経11.933度 / 78.917; 11.933座標: 北緯78度55分 東経11度56分 / 北緯78.917度 東経11.933度 / 78.917; 11.933に位置し、ノルウェースヴァールバル諸島スピッツベルゲン島にある、人が定住する地としては世界最北に位置するである。

1890年代からノルウェーによる炭鉱開発が進み、一時は炭鉱の町として栄えた。1962年に21人の死者を出す事故が起こって炭鉱が閉鎖された。

その後町は研究者などに開放された。1980年代からは、ノルウェー人だけでなく世界中の研究者が極地科学や極地生態研究の世界的拠点として活用するようになった。現在はノルウェーの他、日本アメリカカナダイギリスフランスドイツオランダフィンランドデンマークアイスランドポーランドなどがニーオーレスンに研究所を設置している。

スヴァールバル諸島の中心は、同じスピッツベルゲン島内にあるロングイェールビーンで、トロムソと直行便で結ばれており、ニーオーレスンはロングイェールビーンから夏季のみ運行されるチャーター便で結ばれている。

定住者は研究者を除くと、基地の所有と管理を行っているキングスベイ社の従業員がほとんどを占めている。人口は30人から35人で、夏には来訪者を迎えて約120人に増える。

関連項目[編集]