ニーウ・アムステルダム (オランダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニーウ・アムステルダム
Nieuw-Amsterdam
座標 : 北緯52度42分54秒 東経6度51分45秒 / 北緯52.71500度 東経6.86250度 / 52.71500; 6.86250
行政
オランダの旗 オランダ
 州 ドレンテ州
 基礎自治体 エメン
 地区 ニーウ・アムステルダム
地理
面積  
  地区域 12.75km2
    陸上   12.34km2
    水面   0.42km2
人口
人口 (2008年現在)
  地区域 4,890人
    人口密度   396人/km2
ニーウ・アムステルダムの位置
ニーウ・アムステルダム
オランダ内の位置

ニーウ・アムステルダムNieuw-Amsterdam)は、オランダドレンテ州の村である。

歴史[編集]

1850年アムステルダムからの入植者たちが、この付近の泥炭地を買い取り、自分たちの街の名前をとってAmsterdamscheveld(アムステルダムの野)と名付けた。そして、数年後にその近くに作られた植民村がニーウ・アムステルダム(新アムステルダム)と呼ばれることになった。

この村は、泥炭の取引で急速に成長した。カリフォルニアのゴールド・ラッシュになぞらえて、ドレンテ州は「ドレンツ・カリフォルニア」と呼ばれた。

この村の発展には、フェルレングデ・ホーヘフェーンセ・ファールトと呼ばれる運河沿いにあることが有利に働いた。

ゴッホの滞在[編集]

フィンセント・ファン・ゴッホは、1883年秋にドレンテ州を訪問した際、ほとんどをニーウ・アムステルダムで過ごした。ゴッホが泊まった家は、今日「ファン・ゴッホの家」として知られている。近年、エメンの基礎自治体政府がこの建物を撤去しようとしたが、間際になって計画は撤回された。現在、レストランと博物館が入っている。「ニーウ・アムステルダムの跳ね橋」は、この地に滞在中に制作された中で最も有名な作品である。

交通[編集]

オランダ鉄道のニーウ・アムステルダム駅がある。

参考文献[編集]

  • Dijk, Wout J., & van der Sluis, Meent W.: De Drentse tijd van Vincent van Gogh, Boon uitgeverij, Groningen 2001 ISBN 90-75913-18-4

座標: 北緯52度43分 東経6度51分 / 北緯52.717度 東経6.850度 / 52.717; 6.850