ニーアル・ファーガソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニーアル・ファーガソン

ニーアル・ファーガソン(Niall Ferguson、1964年4月18日 - )は、スコットランド出身の歴史学者ジャーナリストハーヴァード大学教授。専門は、経済史・金融史。

略歴[編集]

英国スコットランドの都市グラスゴーに生まれる。医者である父と物理教師である母には、無神論者として育てられた。

1986年オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒業、1989年同大学にて博士号取得。博士論文のタイトルは「インフレーション下のドイツにおけるビジネス政治――ハンブルク、1914年~1924年」。

ケンブリッジ大学フェローやオックスフォード大学教授、ニューヨーク大学スターン経営学大学院教授を経て、2004年から現職。また、スタンフォード大学フーヴァー戦争・革命・平和研究所やオックスフォード大学にてシニアフェロー、北テキサス大学バルサンティ軍事史センターのアドバーサリーフェローも務める。

2004年、雑誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」で選ばれる。

歴史学者ジョン・ルイス・ギャディスは、2004年7月25日の米紙『ニューヨーク・タイムズ』にて、ファーガソンの主張は説得力がなく、矛盾していると批判した。

著書[編集]

単著[編集]

  • Paper and Iron: Hamburg Business and German Politics in the Era of Inflation, 1897-1927, (Cambridge University Press, 1995).
  • The Pity of War, (Allen Lane, 1998).
  • The House of Rothschild vol. 1: Money's Prophets 1798-1848, (Viking, 1998).
  • The House of Rothschild vol. 2: The World's Banker, 1849-1999, (Viking, 1999).
  • The Cash Nexus: Money and Power in the Modern World, 1700-2000, (Penguin Books, 2001).
  • Empire: How Britain Made the Modern World, (Allen Lane, 2003).
  • Colossus: the Rise and Fall of the American Empire, (Penguin Books, 2004).
  • 1914: Why the World Went to War, (Penguin Books, 2005).
  • The War of the World: Twentieth-century Conflict and the Descent of the West, (Penguin Press, 2006).
仙名紀訳『憎悪の世紀――なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか(上・下)』(早川書房, 2007年)
  • The Ascent of Money: A Financial History of the World, (Penguin Press, 2008).
仙名紀訳『マネーの進化史』(早川書房, 2009年)
  • Civilization: the West and the Rest, Penguin Press, 2011.
仙名紀訳『文明――西洋が覇権をとれた6つの真因』(勁草書房、2012年)
  • The Great Degeneration, Penguin Books, 2013.
『劣化国家』、櫻井祐子訳、東洋経済新報社、2013年

編著[編集]

  • Virtual History: Alternatives and Counterfactuals, (Picador, 1997).

共著[編集]

  • "Reversing Gears: Project Syndicate's Year in Review 2013" (Project Syndicate, 2013)
安倍晋三朴槿恵ほか『世界論』(土曜社、2014年1月予定)

外部リンク[編集]