ニヨン (スイス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニヨン
Nyon
スイスの旗
レマン湖からの眺望
レマン湖からの眺望
ニヨンの市旗 ニヨンの市章
基礎自治体(commune) 基礎自治体(commune)
位置
ニヨンの位置の位置図
ニヨンの位置
座標 : 北緯46度22分55秒 東経6度14分24秒 / 北緯46.38194度 東経6.24000度 / 46.38194; 6.24000
行政
スイスの旗 スイス
  (Canton)
Wappen des Kantons Waadt
ヴォー州
  (District) ニヨン郡
 基礎自治体(commune) ニヨン
地理
面積  
  基礎自治体(commune) 6.82 km2 (2.6 mi2)
標高 400.9 m (1,315 ft)
人口
人口 (2006年現在)
  基礎自治体(commune) 17,267人
    人口密度   2,532人/km2(6,557人/mi2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 1260
市外局番 5724
公式ウェブサイト : http://www.nyon.ch/

ニヨン(仏:Nyon)は、スイスヴォー州にある基礎自治体(コミューン)である。ジュネーヴの北約25kmのレマン湖岸に位置し、フランス語圏に属している。

概要[編集]

ニヨン城

ニヨンは、ガリア戦争(紀元前58 - 51年)によってガリアを征服したガイウス・ユリウス・カエサルによって紀元前45年頃に古代ローマの植民地として建設された。この植民地はコロニア・ユリア・エクエストリス(Colonia Iulia Equestris)と名付けられ、その中心部はノヴィオデゥヌム(Noviodunum)と呼ばれた。近年、アンフィテアトルムや神殿などのローマ時代の遺跡が発掘されており、1998年に開館したローマ博物館では出土品が展示されている。

12 - 13世紀にはサヴォワ家の支配下に入り、ニヨン城が築かれた。現在、ニヨン城には、18 - 19世紀に盛んであったニヨン焼きと呼ばれる磁器などを展示する歴史・陶磁器博物館が設けられている。

現在では、欧州サッカー連盟の本部が置かれていることで国際的に知られる。

外部リンク[編集]