ニュー・ウェーヴ (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニュー・ウェーヴ
様式的起源 パンク・ロックアート・ロックガレージロックグラムロックパブロックスカレゲエファンク電子音楽ポップ・ミュージック[1] ディスコ[2]
文化的起源 1970年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 エレクトリック・ギターエレクトリックベースドラムスシンセサイザーボーカル
派生ジャンル ニューロマンティックシンセポップ - Neue Deutsche Welle
融合ジャンル
Synthpunk2 ToneElectroclashNu Rave
地域的なスタイル
イギリス - アメリカ - ドイツ - フランス - イタリア - スペイン - ユーゴスラビア - 日本
関連項目
ポストパンクオルタナティヴ・ロック
テンプレートを表示

ニュー・ウェーヴ(New Wave) とは、パンク・ムーブメントによって音楽環境が一変したイギリスで、ポストパンク現代音楽クラフトワークなどの電子音楽といったさまざまなジャンルの影響によって成立したロックの一ジャンル。元々はパンク・ロックのことを指す言葉。1970年代後半から1980年代初頭にかけて世界的に流行した。

1983年頃には商業化が進行し、ニュー・ロマンティックスとして売り出された多くのバンドがアメリカ進出を果たし、第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれた。

経緯[編集]

New Waveという言葉は、1977年8月ごろに英『Melody Maker』紙が、XTCスクィーズなどを紹介する記事の中ではじめて使ったという[要出典]

日本では、当時ブームとなったイエロー・マジック・オーケストラの影響が大きく、ニュー・ウェイヴ=テクノポップという印象が強い[要出典]。また、アンダーグラウンドのパンクバンドたち(東京ロッカーズなど)がニュー・ウェイヴとして紹介されたこともある。当時の日本における理解のされ方は、イギリスでパンク・ムーブメントの後に登場した、新しいスタイルのミュージシャン・バンド群というもので、その定義は曖昧だった。例えば日本では、ブレイク期のRCサクセションさえニュー・ウェイヴと呼ばれた。

1981年にニュー・ロマンティクスが台頭してからは、ニュー・ウェイヴという言葉は比較的使われなくなった。当時、人気のあったアダム・アンド・ジ・アンツデュラン・デュランなどは、ニュー・ロマンティクス、フューチャリストと呼ばれた。

また2004年頃から、英国を中心にポスト・パンク/ニュー・ウェイヴ的な音楽を演奏するバンドが多数現れ、ポスト・パンク/ニュー・ウェイヴ・リバイバルと呼ばれた。テクノ系は、特にエレクトロクラッシュと呼ばれた。

ニュー・ウェーヴに分類されるアーティスト[編集]

音楽的な傾向があまりにも多岐に亘るため、いくつかに分類して代表的なバンド及びミュージシャンを以下に示す。

後継者[編集]

日本のバンド[編集]

など

脚注[編集]

  1. ^ Cooper,Kim, Smay, David, Bubblegum Music is the Naked Truth (2001), page 248 "Nobody took the bubblegum ethos to heart like the new wave bands"/
  2. ^ Bernard Edwards, 43, Musician In Disco Band and Pop Producer The New York Times 22 April 1996 "As disco waned in the late 70s, so did Chic's album sales. But its influence lingered on as new wave, rap and dance-pop bands found inspiration in Chic's club anthems"

参考文献[編集]

外部リンク[編集]