ニューヨーク・シティ・ウォーターフォールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルックリン橋の下の滝。後ろの橋は、マンハッタン橋である

ニューヨーク・シティ・ウォーターフォールズ (英語: New York City Waterfalls) は、パブリックアート基金英語版と協力したアーティストのオラファー・エリアソンによるパブリックアート・プロジェクトで、ニューヨーク市イースト川に位置する4つの人工から構成される[1][2]。1550万$の費用を費やし、セントラル・パーククリストによるザ・ゲーツ英語版以来、最も高価なパブリックアート・プロジェクトとなった[2][3]。滝は、公式に2008年6月26日から流れはじめ、2008年10月13日までの間、午前7時から午後10時まで流れていた。また、日が暮れた後は、イルミネーションが設置されていた。

背景[編集]

位置と建設[編集]

4つの滝のために選ばれた場所は、マンハッタンの35号埠頭、ブルックリン区ダンボブルックリン橋の下、ブルックリンの4号埠頭と5号埠頭の間、ガバナーズ島である。

サウス・ストリート・シーポートから見たブルックリン橋の下の滝
35号埠頭の滝

4つの足場を組む作業は、2008年3月中旬に始められた。ガバナーズ島の海岸においては、建設チームが杭打ち機を使用し、足場を固定した。この方法は、自動車や地下鉄用トンネルでは、震動など様々な理由により、実施されていなかった。完成時の足場は、合計64,000平方フィート (5,900 m²)で、270トンにもなる[4]。エリアソンは、足場は都市の周囲に馴染むように設計されていたが、故意にそれを秘密にしようとはしていなかった、と語った。彼は、「人々が、これを自然現象と文化的なものの両方として知ることを臨む」と説明している[2]

建設には、2人の環境コンサルタントを含む、108人のそれぞれ違った仕事の人々を動員した。この取り付けでは、環境に配慮することを目指して行われた。この例として、効率的なエネルギーのLED再生可能エネルギーから購入されたエネルギー[5]、アップ&オーバーに水生生物が入らないようにするフィルターなどがある[2]。プロジェクトが終わることは、将来のプロジェクトで再利用可能にすることを意図していた[4]

費用[編集]

このプロジェクトでは、1500万$を、完全に民間の組織、ビジネス、寄贈者によって資金調達されている。ブルームバーグ市長の会社であるブルームバーグは、1350万$を寄付した[3]。滝が地域経済に5500万$まで影響すると見積もられ、ロウアー・マンハッタン開発公社英語版は、200万$を提供した[1][3]

影響[編集]

運営中に、ブルックリン・プロムナード英語版に沿った木や灌木は、強風によって公園に入り込んだ海水により、被害を受けた。これは、もともと週に101時間運営していた時間を50時間までカットすることなどで解決した[6]ブルックリン橋では、リバー・カフェ英語版のオーナーが、滝の風により、顧客の減少と植物の交換を主張した[7]。ブルックリン・ハイツ協会がレイバー・デー後に滝を止めてくれるよう委員会に依頼するまで、この損害は注目を浴びていた。しかしながら、これに対する反応はなかった[8]

出典[編集]

  1. ^ a b Vogel, Carol (2008年1月15日). “Waterfalls for New York City’s Waterfront”. New York Times. http://www.nytimes.com/2008/01/15/arts/15arts-WATERFALLSFO_BRF.html 2008年6月25日閲覧。 
  2. ^ a b c d Vogel, Carol (2008年6月2日). “From a Master of Weather, 4 Waterfalls for New York”. New York Times. http://www.nytimes.com/20t08/06/02/arts/design/02wate.html 2008年6月25日閲覧。 
  3. ^ a b c Dobnik, Verena (2008年6月22日). “NYC getting 'Waterfalls' off shore of Manhattan”. Associated Press. http://license.icopyright.net/user/viewContent.act?tag=3.5721%3Ficx_id=D91EU0TO0 2008年6月25日閲覧。 
  4. ^ a b Chan, Sewell (2008年6月16日). “Waiting for the Water to Fall”. New York Times. http://cityroom.blogs.nytimes.com/2008/06/16/waiting-for-the-water-to-fall/ 2008年6月25日閲覧。 
  5. ^ Launches The New York City Waterfalls Public Art Project by Artist Olafur Eliasson”. nyc.gov (2008年6月26日). 2008年6月28日閲覧。
  6. ^ Portlock, Sarah (2008年9月4日). “Victory! Taps tightened on tree-killing ‘Waterfalls’”. The Brooklyn Paper. http://www.brooklynpaper.com/stories/31/35/31_35_sp_waterfalls_print.html 2009年8月30日閲覧。 
  7. ^ Fernandez, Manny (2008年10月12日). “Waterfalls Exit, but With Unintended Impact”. New York Times. http://www.nytimes.com/2008/10/13/nyregion/13waterfalls.html 2009年8月30日閲覧。 
  8. ^ “New York City 'Waterfalls' installation hours cut in half”. Associated Press. (2008年8月30日). http://www.silive.com/news/index.ssf/2008/08/new_york_city_waterfalls_insta.html 2009年8月30日閲覧。 

外部リンク[編集]