ニューポール 27

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニューポール 27
Nieuport 27

アメリカ軍が高等練習機として使用したニューポール 27(1918年)

アメリカ軍が高等練習機として使用したニューポール 27(1918年)

  • 用途:戦闘機 / 高等練習機
  • 設計者:ギュスターヴ・ドラージュ
  • 製造者:ニューポール / ニューポール=マッキ
  • 運用者** フランス空軍
    • イギリス陸軍航空隊
    • イタリア空軍
  • 初飛行1917年

ニューポール 27(Nieuport 27)は、ギュスターヴ・ドラージュによって設計された第一次世界大戦当時のフランス複葉戦闘機。1916年前半に登場した「ベベ」(ニューポール 11)の系列に連なるV型支柱単座戦闘機の最後の機体である。

設計と開発[編集]

ニューポール 27の設計は、丸みを帯びた後部胴体の形状や丸い翼端および補助翼などのニューポール 24初期型に非常に近いものだった。24で問題が起き、結局ニューポール 17タイプに再設計されて24bis.が生まれるきっかけとなった丸い形の尾翼の構造問題はこの頃には解決されており、27ではこの新しい形の尾翼が標準のものとなった。しかしその時点ではニューポール戦闘機の大部分は実際には高等練習機として使われており、24bis.の130馬力ル・ローヌロータリーエンジンは110または120馬力のものに交換されるケースもしばしばあった。

ニューポール 27の作戦上の問題点は装備機銃が1挺(フランス軍では胴体上のヴィッカース同調機銃、イギリス軍ではフォスター銃架によって上翼に装備されたルイス機銃)のみであることだった。まれに2挺の機関銃が装備されることもあったが、性能に著しい悪影響を及ぼし、最もうまくいった場合でも以前の型よりほんの少しましな程度であった。

運用歴[編集]

ニューポール 27は1917年から1918年初頭にかけて、24bis.の補充あるいは交替としてフランス航空隊イギリス陸軍航空隊/イギリス空軍で少数が使用された。しかし、1918年春までには、大部分のニューポール「V支柱」戦闘機は最前線の任務から引き揚げられ、フランス軍ではSPAD S.XIIIに、イギリス軍ではS.E.5aに交替した。27はイタリアにも供給され、またバレーズに置かれたニューポール=マッキ社でも生産されたが、イタリア軍は最終的にはアンリオ HD.1の方を好んだ。アメリカ陸軍航空部は1918年に約120機のニューポール 27航空機を購入し、練習機として使用した。27を使用したパイロットの中で最も有名なのはフランス撃墜王シャルル・ナンジェッセである。

1919年ポーランドはニューポール 27を1機購入した。

運用者[編集]

フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
イタリアの旗 イタリア
ウルグアイの旗 ウルグアイ
日本の旗 日本
ポーランドの旗 ポーランド - 1機のみ
ロシアの旗 ロシア / ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

性能諸元(ニューポール 27)[編集]

諸元

  • 乗員: 1
  • 全長: 5.88 m
  • 全高: 2.44 m
  • 翼幅: 8.18 m
  • 空虚重量: 354 kg
  • 運用時重量: 544 kg
  • 動力: ル・ローヌ ロータリーエンジン、90 kW (120 hp) × 1

性能

  • 最大速度: 187 km/h
  • 実用上昇限度: 5,550 m
  • 上昇率: 5,000 mまで22分

武装

お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

注: 生産されたニューポール 27のほとんどは武装の無い高等練習機として使用された。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • Nieuport Fighters in Action published by Squadron/Signal Publications
  • Cheesman E.F. (ed.) Fighter Aircraft of the 1914-1918 War Letchworth, Harletford Publications, 1960 pp. 96-97

外部リンク[編集]