ニューポール・ドラージュ セスキプラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニューポール・ドラージュ セスキプラン(Nieuport-Delage Sesquiplan)は1920年代の競技機、記録機である。ジョゼフ・サジ=ルコワントの操縦で速度の記録を樹立した。

1921年に製作された。木製モノコック構造の肩翼の単葉機で、エンジンはスーパーチャージャー付の300馬力のイスパノ・スイザ 8Fbで名称のセスキプラン(一葉半)は主脚の車軸の位置に小翼を持つことから名付けられた。

2機が製作され、サジ=ルコワントの操縦で1921年9月26日に330.275km/hの最初の速度記録を樹立した後、1921年10月に開かれた、ドゥッシュ=ド=ラ=ムルト杯に参加し、1機は墜落したが、1機が平均速度、278.36 km/hで優勝した。エンジンを400馬力のライト H.3に換装し、尾翼を改造した機体はサジ=ルコワントの操縦で1922年9月21日に341.232 km/h、1923年2月15日に375.000 km/hに速度記録を更新した。

外部リンク[編集]