ニュースキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nu Skin Enterprises, Inc.
種類 株式会社 (NYSE: NUS)[1]
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ユタ州プロボ
75 West Center Street, Provo, UT 84601
北緯40度14分0秒 西経111度39分36.8秒 / 北緯40.23333度 西経111.660222度 / 40.23333; -111.660222
設立 1984年
業種 食品
事業内容 パーソナルケア製品、栄養補助食品
代表者 Blake M. Roney(会長
M. Truman Hunt (President, CEO, and Director)
Ritch N. Wood (Vice President and CFO)[2]
売上高 13億3000万ドル(2009年)[3]
営業利益 1億4770万ドル(2009年)[3]
純利益 8980万ドル(2009年)[3]
従業員数 3,400人(2009年12月末、パートタイムを含む)[4]
関係する人物 Blake M. Roney, Sandie Tillotson(創業者)
外部リンク www.nuskinenterprises.com
テンプレートを表示
ニュー スキン ジャパン 株式会社
Nu Skin Japan Co., Ltd.
種類 株式会社(非公開)
略称 NSJ
本社所在地 日本の旗 日本
163-1323
東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー 23階
北緯35度41分35.2秒 東経139度41分35.3秒 / 北緯35.693111度 東経139.693139度 / 35.693111; 139.693139
事業内容 パーソナルケア製品、栄養補助食品および生活関連製品の製造・輸入・卸売販売と、インターネット関連サービスの提供
代表者 ライアン ナピアスキー(代表取締役社長)
資本金 17億60百万円
売上高 456億92百万円(2008年)
純利益 4億4370万円(2008年)
主要株主 Nu Skin Enterprises, Inc. 100.0%
外部リンク www.nuskin.co.jp
テンプレートを表示

ニュースキン (Nu Skin Enterprises, Inc.) は、アメリカ合衆国ユタ州を拠点とする、日用品化粧品栄養補助食品の開発製造・販売、およびインターネット関連事業を行っている企業である。

概要[編集]

2014年2月現在、世界52の国で開業しており(ニュー スキン エンタープライズ社〈米国本社〉概要参照:[2])、販売方法に連鎖販売取引を採用している。商品は、販売員(ディストリビューター)経由ではなく消費者に直接送付される。これによって中間コストを省き、適正価格と研究開発費と「ボーナス基金[5]。」を確保していると謳っている[6]中国ではMLM方式は認められていないため、専門の店舗で販売を行なっている。ニュースキンはブランド名(ディビジョン名)であり、その日本法人はニュー スキン ジャパン株式会社である。

英語版のWikipediaの項目には、1997年に連邦取引委員会へ150万ドルのペナルティを支払うことに同意したと書かれている。ソルトレークシティオリンピックの公式ゼネラルスポンサーかつ公式サプライヤーであり、同オリンピックからシドニーオリンピックまで、USOCのオリンピック公式スポンサーであった。ニュー スキン エンタープライズ (Nu Skin Enterprises Inc.) は、ニューヨーク証券取引所上場企業 (NYSE:NUS) である。日本法人のウェブサイトには「世界最大の信用調査機関・ダン&ブラッドストリート社のダンレポートでは、企業の信用格付けとしてトップクラスの「5A-1」という高い評価を受けています。」との文言がある(2011年6月14日現在)[7]

沿革[編集]

  • 1993年4月 - 港区芝にニュー スキン ジャパン インク 日本支社として業務を開始。
  • 1995年3月 - オフィスを新宿副都心の新宿アイランドタワーに移転。
  • 1995年6月 - 日本訪問販売協会に加盟。
  • 1995年8月 - ニュー スキン ジャパン 株式会社に社名変更し、日本法人となる。
  • 1995年11月 - 大阪支店をオープン。
  • 1997年12月 - 福岡支店をオープン。
  • 1998年5月 - 物流センターを横浜市鶴見区大黒埠頭に移転。
  • 1999年6月 - 有明にコールセンターを開設。
  • 2000年2月 - 事業部制を開始。
  • 2005年9月 - 名古屋支店をオープン。
  • 2009年8月 - 福岡エクスペリエンス センター(前 福岡支店)をオープン。
  • 2009年11月 - 名古屋エクスペリエンス センター(前 名古屋支店)をオープン。
  • 2010年5月 - 配送センター(前 物流センター)を大田区に移転。
  • 2010年6月 - 東京エクスペリエンス センター(東京本社内)をオープン。
  • 2010年11月 - 大阪エクスペリエンス センター(前 大阪支店)をオープン。

事業部制[編集]

  • ニュースキン [Nu Skin]
  • ファーマネックス [PHARMANEX]
  • ビッグプラネット [Big Planet]
  • ナリッシュザチルドレン [NOURISH THE CHILDREN]

脚注[編集]

  1. ^ Nu Skin Enterprises - Investor Relations - Overview”. Nu Skin Enterprises. 2008年11月8日閲覧。
  2. ^ Nu Skin Executives”. Hoover's, Inc.. 2008年12月26日閲覧。
  3. ^ a b c Nu Skin (2010年4月28日). “Income Statement (up to 2010Q1)”. 2010年5月26日閲覧。
  4. ^ Annual Report 2009, Nu Skin Enterprises, p.11
  5. ^ コンペンセーションプランと昇格条件一覧[1]
  6. ^ 。直送によって減るのは主に輸送コストであり、販売員には売上げに応じた報酬が支払われるため、一般的な直販などの中間コスト削減とは違う。
  7. ^ 5A-1とは米国の企業規模5Aと評価1(4段階で1番上)の組み合わせであり、トップクラスなどいう表現はD&Bにはない[htp://www.dnb.com/us/customer_service/paydex_tables.html D&B Rating, PAYDEX®, and Score Tables* - United States]。ダン&ブラッドストリート社は信用調査機関であって、有価証券取引実務に利用される格付けで有名なS&PMoody'sといった格付機関とは役割が異なる。格付けに言及した現地法人のwebsiteはごく一部であり、日本以外では中国と台湾で記述がみられる。

外部リンク[編集]