ニュルンベルク (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニュルンベルク
3825 Nürnberg
仮符号・別名 1967 UR
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
フローラ族
発見
発見日 1967年10月3日
発見者 L. コホーテク
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 2.241 AU
近日点距離 (q) 2.031 AU
遠日点距離 (Q) 2.452 AU
離心率 (e) 0.094
公転周期 (P) 3.36 年
軌道傾斜角 (i) 5.15
近日点引数 (ω) 144.98 度
昇交点黄経 (Ω) 75.33 度
平均近点角 (M) 186.13 度
物理的性質
絶対等級 (H) 13.0
■Project ■Template

ニュルンベルク (3825 Nürnberg) は、小惑星帯の中でも特に内側の軌道に位置する小惑星。チェコの天文学者ルボシュ・コホーテクがドイツのベルゲドルフで発見した。

ニュルンベルクは、かつてレギオモンタヌスがドイツで最初の天文台を建設した街である。2004年にニュルンベルク天文台に新しい望遠鏡が設置されたことを記念して、E. Wunderの提案によりこの小惑星に街の名前が付けられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]