ニネヴェ (メソポタミア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニネヴェ
ニヌア
Adad gate exterior entrance north3.JPG
アダド門(1960年代の復元)
Assyria map.png
古代メソポタミアにおけるニネヴェの位置
所在地 イラクの旗 イラク モースル
地域 メソポタミア
種類 都市
面積 7.5 km2
歴史
放棄 紀元前612年
文化 アッシリア
出来事 ニネヴェの戦い英語版

ニネヴェ英語: Nineveh)は、古代メソポタミア北部にあったアッシリアの都市。アッシリア帝国の後期には首都が置かれた。なお、ニネヴェという名は旧約聖書ヨナ書など)の表記によるものであり、アッカド語ではニヌアと呼ばれる。新改訳聖書では、ニネベと表記される。現在は、対岸のモースル市域に含まれる。

遺跡[編集]

チグリス川沿いの現代の都市モースルの対岸(東岸)に存在する。クユンジクとネビ・ユヌスという二つの丘からなるが、ネビ・ユヌスは現在イスラム教の聖地となっているため調査はほぼ行われておらず、ニネヴェに関する現代の知識はクユンジクの調査に依存している。19世紀半ばから繰り返し調査が行われているが、なお十分とはいえない。

さらに、2014年からは過激派組織ISILによって、遺跡の破壊と略奪が行われているが、情報の真偽があいまいな報道もある(#保存状態も参照)。

歴史[編集]

ニネヴェの地図

ニネヴェはアッシリアの首都であった時代が有名であるが、紀元前7千年紀から人が居住を始めた非常に古い街である。初期の歴史については不明点が多い。既に古アッシリア時代(アッシリアの時代区分についてはアッシリアの項目を参照)にはアッシリアの重要都市の1つであった。

新アッシリア王国時代に、センナケリブがニネヴェに遷都して以降、帝国の首都として大規模な建築事業や都市の拡張が行われた。この時期に街は二重の城壁で囲まれ、クユンジクの丘には宮殿が相次いで建設された。アッシュールバニパル王の図書館があったのはこの都市であり、バビロンにあったとされる空中庭園は実際にはニネヴェにあったとする説もある。

紀元前612年メディアバビロニアスキタイの攻撃を受けてニネヴェは陥落し破壊された。その後も小規模の都市として存続したが、かつての重要性は失われ、一帯の中心は対岸のモスルに移った。なおモスルは現在も、クルド人からニネヴェ、ネストリウス派キリスト教アッシリア人からはニネワとよばれており、モスルを県都とするイラクの県、ニーナワー県もニネヴェの名に由来する。

旧約聖書[編集]

旧約聖書では以下の四つで言及されている。[1]

  1. ニムロデがニネベとケラフを建てた[2]
  2. ニネベを都としたセナケリブがこの都で殺された[3]
  3. ニネベ陥落に関する預言[4]
  4. ニネベに使わされた預言者ヨナの物語。ヨナの宣教によってニネベの王と住民は悔い改めて、神の審判が回避された。[5]

保存状態[編集]

21世紀イラクシリアで台頭したサラフィー・ジハード主義組織のISILは、イスラム教成立以前の遺跡・遺物の破壊や略奪を公言していた。2014年6月9日、ISILはイラク領のモースルを占領した。ISILは「イスラム教を歪曲している」と主張し、博物館に保管されていた遺物を押収し、アッシリア時代やネストリウス派など、他宗教の建造物を破壊した[6][7]

2015年1月27日、ニーナワー県の情報筋によるとして、ISILは遺跡の破壊を再開し、紀元前8世紀建築と推定されるニネヴェ城壁を爆破し、その大半を破壊したと報じられた[8][9][10]。しかしその後、城壁は無傷だったと指摘されている[11]。この城壁は、イラクと周辺地域にとって最重要の遺跡の一つとみられている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]