ニッポン・ジーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニッポン・ジーン株式会社
NIPPON GENE CO., LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101 - 0054
東京都千代田区神田錦町1丁目5番地 金剛錦町ビル5 階
設立 1982年1月
業種 遺伝子工学研究用試薬、バイオテクノロジーに関する新規技術開発及び受託研究
代表者 代表取締役 米田祐康
資本金 1,000万円
(2010年11月30日現在)
従業員数 105人
(2010年2月末)
外部リンク www.nippongene.com
テンプレートを表示

ニッポン・ジーン株式会社は、東京都に本社を置く、遺伝子工学研究用試薬およびバイオテクノロジーに関する研究開発型企業である。遺伝子工学技術を中心としたバイオテクノロジーに強みがある。

沿革[編集]

  • 昭和57年1月 バイオテクノロジー・ベンチャー企業として、株式会社ニッポンジーンを設立
  • 昭和57年4月 遺伝子工学研究用試薬の開発及び製造のため、酵素研究所・工場を設立
  • 昭和59年1月 遺伝子工学研究用試薬の増産のため、酵素研究所・工場を拡張
  • 昭和61年11月 第一回とやまテクノ大賞受賞
  • 昭和63年4月 体外診断用医薬品の開発及び製造のため、免疫研究所・工場を設立
  • 平成 7年6月 体外診断用医薬品の増産のため、医薬品富山工場を設立
  • 平成12年6月 独自に開発した新規シークエンス技術を事業化するため、研究開発部を分社独立させ、株式会社ニッポンジーンテクを設立
  • 平成13年7月 「遺伝子工学用のバッファー試薬」の設計・開発及び製造に関してISO9001の認証を取得
  • 平成13年8月 ユーロジェンテック社(本社ベルギー)とジョイントベンチャー、株式会社ニッポンイージーティーを設立し、カスタム合成オリゴヌクレオチドの事業開始
  • 平成19年4月 ジェネテイン株式会社を設立し、自動化試薬の事業開始
  • 平成20年9月 「GMO(遺伝子組換え作物)検知試薬」および「分子生物学分野の受託製造試薬」の設計・開発 および製造に関してISO9001の認証を取得
  • 平成22年10月 「免疫測定法を用いた体外診断薬」の設計および製造に関してISO13485の認証を取得

所在地[編集]

  • 本社 - 東京営業所・東京都千代田区
  • 富山県富山市 - 富山営業所酵素研究所・工場、免疫研究所・工場、医薬品富山工場、総務部

外部リンク[編集]

株式会社ニッポン・ジーン