ニッチロー'

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニッチローから転送)
移動: 案内検索

ニッチロー'1978年9月23日[1][2] - )は、日本の俳優パフォーマー[3]エンターテイナー[2]。本名:今村 健太(いまむら けんた)[1]、旧芸名:ニッチロー長野県[1]飯田市[2]出身。イチロープロ野球選手)のモノマネを得意とする[4]。株式会社ナチュラルマジック所属[2]

経歴[編集]

野球は小さい時から好きであったが、中学校時代はハンドボール[5]長野県阿南高等学校時代はサッカー部に所属[6]。ハンドボール、サッカー共にゴールキーパーを務めていた[5]

高校卒業後、俳優を目指すべく[5]、東京で放送系の専門学校に進学[1]。卒業後は飲食系の企業に勤め、芸能人や業界関係者の来店も多いカフェで働いていたが[5]、顧客から似ていると言われたことをきっかけに2009年頃からイチローのモノマネをする路上パフォーマンス活動を開始[4]。2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本ラウンドが行われた際、東京ドーム近くの路上でパフォーマンスを演じた[6]。当時はイチローモデルTシャツを着用し、バットを構えるだけであったが「(パフォーマンスを)始めると多くの人が足を止めてくれました。」という[6]。なお、カフェ以外ではバーニーズ・ニューヨークのドアマンとして働いていたこともあった[5]

その後会社を退職し、2011年4月に俳優へ転向した[4]。7月下旬よりアメリカ合衆国シアトルに野球観戦の旅に出発[7]。野球観戦5試合目である8月2日にはシアトルのセーフコ・フィールドシアトル・マリナーズオークランド・アスレチックス戦を観戦中、グラウンド脇の観客席でインプレー中のボールをファウルと勘違いして取ってしまい、警備員に連行される事件を起こした[7][8]。通常では退場となるところ、この時は無罪放免となったが、現地や日本の新聞やテレビで話題となった[4]。この時はイチローと対面することは出来なかったものの、フェリックス・ヘルナンデスと対面することができた[7]

同年10月6日フジテレビ系列で放送されたバラエティ番組とんねるずのみなさんのおかげでした』内の企画「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」第17回に出場し、準優勝している[9]

2012年3月より、そっくり館キサラでものまねタレントとして出演[2]2014年2月17日、所属事務所のナチュラルマジックより、「ニッチロー」から「ニッチロー'」への芸名変更が発表された[10]

人物[編集]

出身地の長野県のJリーグクラブの松本山雅FCのファンであり、サポーターとして応援している。2012年3月4日味の素スタジアムで行われた開幕戦のアウェイゲーム・東京ヴェルディ戦にユニフォーム姿で現れ、松本山雅FCのスタッフにファンであることが確認された[11]4月22日松本市アルウィンで行われたホームゲーム・ジェフユナイテッド千葉戦に招待され、試合前のイベントとしてパフォーマンスを行った後ゲーム時にはサポーターに交じって応援をした。その日は新規加入チームの松本が上位チームである千葉に1対0で勝利した為[12]、サポーターの間からは奇跡を起こす勝利の女神(男神?)と言われている。

イチローに似せるためにトレーニングは欠かさず、体幹トレーニング、ランニング、素振りも毎日行っている。体の中から似せるために、ビールはイチローがCMキャラクターを務めるキリン一番搾り生ビールしか飲まないという[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 週刊ベースボール2012年2月6日号 p.93
  2. ^ a b c d e 外部リンクより、ナチュラルマジックのプロフィールを参照。
  3. ^ 偽イチロー連行されちゃった!インプレーの打球キャッチ(スポニチ Sponichi Annex 野球)” (2011年8月4日). 2012年1月27日閲覧。
  4. ^ a b c d わが野球愛 ニッチロー『週刊ベースボール』2012年2月6日号、ベースボール・マガジン社、2012年1月25日、雑誌20444-2/6, 90-93頁。
  5. ^ a b c d e f ものまねニッチロー/気になリスト”. 日刊スポーツ (2013年11月14日). 2013年11月20日閲覧。
  6. ^ a b c 週刊ベースボール2012年2月6日号 p.91
  7. ^ a b c 週刊ベースボール2012年2月6日号 p.92
  8. ^ "Ichiro" interferes with play”. mlb.com. 2012年7月25日閲覧。
  9. ^ とんねるずのみなさんのおかげでした|フジテレビ|2011/10/06(木)21:00(TVでた蔵)”. 株式会社ワイヤーアクション. 2012年1月28日閲覧。
  10. ^ 所属事務所「ナチュラルマジック」のホームページより、「お知らせ」欄を参照。
  11. ^ 4/22(日)vsジェフユナイテッド千葉戦 イベント情報(松本山雅FC公式)
  12. ^ Jリーグ ディビジョン2 第9節 松本山雅FC vs ジェフユナイテッド千葉(2012年4月22日、松本山雅FC公式)

参考文献[編集]

  • 「わが野球愛 vol.24 ニッチロー」、『週刊ベースボール』2012年2月6日号、ベースボール・マガジン社、2012年1月、 90-93頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]