ニッコロ・カネパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニッコロ・カネパ
Niccolo Canepa Mugello 2009.jpg
2009年 イタリアGP
グランプリでの経歴
国籍 イタリアの旗 イタリア
活動期間 2009年 - 2010年
チーム ドゥカティスコット
レース数 25
チャンピオン 0
優勝回数 0
表彰台回数 0
通算獲得ポイント 38
ポールポジション回数 0
ファステストラップ回数 0
初グランプリ 2009年 MotoGP カタールGP
最終グランプリ 2010年 Moto2 アラゴンGP
テンプレートを表示

ニッコロ・カネパ ( Niccolò Canepa1988年5月14日 - )は、イタリアジェノヴァ出身のオートバイレーサー

2007年のFIM・スーパーストック1000カップのチャンピオン。2008年はドゥカティの公式テストライダーを務め、2009年から2010年にかけてはロードレース世界選手権に参戦した。

経歴[編集]

初期[編集]

1999年よりミニバイク選手権に参戦を開始する。2000年にはイタリアミニバイク選手権でシリーズ4位に入る。2002年にはイタリアスーパーストック600選手権とヤマハ・R6・Maxトロフィーに参戦を開始し、イタリア国内のモーターサイクル選手権での史上最年少ライダーとして注目を浴びる。2年間600ccクラスで戦ったあと、2004年から1000ccクラスにステップアップし、そこでも良い結果を残した。

2005年にはスーパーストック600のヨーロッパ選手権に参戦し、17歳の若さでシリーズ4位の結果を残す。この年はスーパースポーツ選手権のレースにもいくつか出場した。2006年もヨーロッパスーパーストック600選手権に継続参戦し、怪我でシーズン最後の2レースを欠場したにもかかわらずシリーズ2位となった。

FIM・スーパーストック1000カップ ( 2007 )[編集]

2007年、ドゥカティ・ゼロックス・ジュニアチームからドゥカティ・1098Sを駆ってFIMスーパーストック1000カップ(STK1000)にデビューすると、その活躍は瞬く間に周囲を驚かせることになる。最終戦マニクールの最終ラップ、ライバルたちを破ってデビューイヤーでのシリーズチャンピオンを決めた。シーズン終了後、ヘレスでドゥカティのMotoGPマシンのテストライドの機会を得たカネパは、そこでも周囲を驚かせる。初めてのマシンで、テストライダーのヴィットリアーノ・グアレスキと伊藤真一を上回るタイムを出し、レギュラーライダーのマルコ・メランドリのわずか0.4秒落ちのベストタイムを叩き出したのである。[1]

ドゥカティのテストライダー ( 2008 )[編集]

カネパの力強いパフォーマンスを受けて、ドゥカティは彼を2008年のMotoGPとスーパーバイクの両方のテストライダーとして雇うことを決めた。また、スーパーバイク世界選手権への3レースのワイルドカード参戦、MotoGPへの1レースの参戦が計画された。[2]7月にインディアナポリスで2日間おこなわれたMotoGPテストで、彼はトップタイムを記録している。[3]そのすぐ後にバレルンガでおこなわれたスーパーバイクのテストでは、2度SBKチャンピオンになったトロイ・ベイリスとほぼ同じタイムを出している。ベイリスのチームメイトのミッシェル・ファブリツィオよりは常に良いタイムを出していたため、カネパは2009年はスーパーバイクチーム でベイリスの後継者となるのではないかと噂された。[4]その後SBK第9戦のブルノでワイルドカード参戦枠でデビューを果たし、初めての "スーパーポール" システム(1回きりの予選タイムアタック)で、カネパはセカンドロウに付ける活躍を見せた。しかし、9月初旬のムジェロでのスーパーバイクテストでクラッシュし、彼は鎖骨と親指を複雑骨折してしまった。これにより、予定されていたSBK第12戦・バレルンガへのワイルドカード参戦は中止となった。[5]

MotoGPデビュー ( 2009 )[編集]

結局2009年は250ccクラスからステップアップしてきたフィンランドミカ・カリオと共に、ドゥカティのジュニアチームであるプラマック・レーシングからデスモセディチGP9を駆ってロードレース世界選手権・最高峰MotoGPクラスにデビューすることになった[6]。しかしチームメイトのカリオと比べるとカネパのパフォーマンスは伸び悩み、最下位近辺でのフィニッシュを続けることになった。10月6日には翌シーズンのシートをアレックス・エスパルガロに奪われてしまうことが発表され[7]、翌週のオーストラリアGPではフリー走行中に転倒してしまい負傷、続く終盤2戦を欠場することとなり、カネパの2009年シーズンはフル参戦ライダーとしては最下位となるシリーズ16位に終わった。

Moto2クラス ( 2010 )[編集]

2010年シーズン、カネパはチーム・スコットと契約を結び、250ccクラス後継のMoto2クラスで出直しを図ることになった[8]。しかし資金面でのトラブルから第10戦チェコGPを前にチームは解散[9]。残ったスタッフで参戦を継続し、チェコGPにはスッター、1戦欠場後の第12戦サンマリノGPからはチーム名を変え「M・レーシング」としてビモータ、とシャシーを替えながら参戦を続けたが、カネパは第13戦アラゴンGPを最後にチームを去った[10]。結局このシーズン、カネパは1ポイントも獲得することはできなかった。

再びSTK1000へ ( 2011 )[編集]

2011年シーズン、カネパはFIMスーパーストック1000カップに戻り、ゴーイレブンチームで新型カワサキ・ニンジャZX-10Rを駆ることになった[11]

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

シーズン クラス バイク 出走 優勝 表彰台 PP ポイント 順位
2009年 MotoGP ドゥカティ 14 0 0 0 38 16位
2010年 Moto2 スコット
スッター
ビモータ
11 0 0 0 0 -
合計 25 0 0 0 38

脚注[編集]

外部リンク[編集]