ニッコロ・カスティリオーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニッコロ・カスティリオーニ(Niccolò Castiglioni、1932年 - 1996年)は、イタリア現代音楽作曲家

略歴[編集]

出生後、まもなく高機能自閉症小児麻痺を抱える事が判明。両親は心配しピアノを与えたところ、どんな曲でも瞬時に記憶し(これはサヴァン症に近い)、自作の曲を書き出したことから音楽学校を紹介され入学。ピアノと作曲の両面で頭角を現し、ピアニストとしても超一流だったが、現代音楽の作曲家を希望。ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニボリス・ブラッハーフリードリヒ・グルダほかに師事。

UNESCO国際作曲家会議で立て続けに入賞したかと思うと、ダルムシュタット夏期講習会でピアノソロでデビュー。以後、ポストセリーと新古典が折衷したような作風で話題を集めるが、次第に逸脱し、アメリカのポップ・アートに感化された不条理音楽を次々と発表した。一例を挙げると「オルガ二ストと(群衆)のための戦争と愛の交響曲」では一小節ごとに全く別の音楽が次々と接合された挙句、群衆は舞台に乱入する。「マスク」は曲の無作為な展開を奏者が「反省」するため、最後に別室でハ長調の作品を演奏して「謝罪」する。「ハ調のシンフォニア」はゲネラルパウゼをルイジ・ノーノよりも先駆けて乱用し、「この作曲家は狂っている」と本気で問い詰められ作曲を一時中断。

彼が行った多くの発明は1990年代以後にはジョン・ゾーンが模倣するなど全くもって正統な現代音楽の試みの延長にあったものだったが、あまりにも先駆的な音楽は当時の聴衆を困惑させ、自身もバッシングにあった後作風を転向せざるを得なかった。もともと新古典からポストセリーの書式は完璧に身につけていたため、その書式の枠内で定期的に作品を生み出すことは可能だった。クラリネットとピアノのための「ダレト」では、スペクトル楽派の流行にも答え、反復語法を鮮やかにピアノパートに投影している。その時期に多くの弟子を育てたが、健康の悪化とともに彼に就く弟子の数も減っていった。

晩年は12音技法で作曲を行ったが、「子供用の音楽」から引用する癖は終生変わらず、誰にでも親しみやすい芸風は最後まで維持していた。1996年に闘病生活の末、没。最晩年の心境を物語る佳品に、ピアノソロのための「He」、「前奏曲、コラールとフーガ」、弦楽四重奏のための「ロマンス」がある。器楽曲で一世を風靡した印象が強いが、声楽を含む作品も定期的に書き続けていた。

作風[編集]

どの書式下においても、響きが濁らないのが特徴。高次倍音を多用する性癖はサルヴァトーレ・シャリーノに受け継がれ、沈黙の多用は前述の通りルイジ・ノーノに受け継がれた。演奏家の演奏以外の動作を多用する一連の「不条理」系の楽曲は、1977年以降のカールハインツ・シュトックハウゼンに確実に大きな影響を与えた。子供の出す音から発想する方法も、1990年代にジョルジョ・ネッティが実行に移している。実質的なカスティリオーニの継承者は、最も成功したステファーノ・ジェルヴァゾーニであると考えられている。噴水の流れるさまを見て、それをそのまま音形にし、なおかつ水が流れるような印象を与えるピアノ曲を作曲したこともある。このように、発明家としての側面は確かに大きいが、衒学的にならず、誰にでも親しめる調性音楽がベースにあった事が、彼への信頼を確実にした。

作曲当時異端視された一連の「不条理」楽曲も、師のボリス・ブラッハーですら「抽象オペラ」を作曲しており、マウリツィオ・カーゲルは電気掃除機まで「二人の人間のためのオーケストラ」で登場させ、同時代の流行であったと考えるのが妥当である。しかし、カスティリオーニの作品はその中においても異質で不条理に見えた理由は、楽曲構成が彼らと比べても完全に切断されていたためだと見られている。現在においても一連の不条理作品は音源化すらされておらず、当時を生きた人間しか知らない「封印作品」のようになっている。

カムバック後の作品は「普通の作品」のように見えるので、没後の今も演奏機会には恵まれている。その証拠にピアノ作品CDは、3人のピアニストで別々のレーベルからリリースされている。

エピソード[編集]

カールハインツ・シュトックハウゼン国際作曲コンクールにピアノ曲SWEET(これは今は「三つの小品(1978)」と改題されている)を出品、優勝したこともあった。カムバック後の第一作は正確にはピアノと小オーケストラのための「クオドリベット(1976)」だが、この受賞で公式に復帰した。カスティリオーニをいかなる局面でも支援し続けたのは、ピアニスト兼作曲家のリチャード・トライザルとシュトックハウゼンである。

参考文献[編集]

  • Geraci, Antonino. 2001. "Castiglioni, Niccolò". The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell. London: Macmillan Publishers.
  • Bra Böckers lexikon, 1973
  • サントリーサマーフェスティバル:「inverno In-ver」の日本初演時のパンフレット
  • Arditti QUartet Edition: From Italy・ライナーノート