ニッケルプレート 765

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニッケルプレート 765
動力方式 蒸気
製造所 ライマ・ロコモティブ・ワークス
製造番号 8674
製造日 1944年9月8日
軸配置(ホワイト式) 2-8-4
軸配置(UIC式) 1'D2'h
軌間 ft 8½ in (1435 mm)
先輪 33 in 径
動輪 69 in 径
従輪 43 in 径
全長 100 ft 8.75 in
全高 15 ft 8 in
動軸 264,300 lb
総重量 440,800 lb
炭水車重量 802,500 lb
燃料種別 石炭
炭水車容量 22 tons 石炭, 22000 ガロンの水
ボイラ 89.0625 in 径 × 全長 42 ft
ボイラ圧力 245 psi
過熱器形式 Elesco
気筒 2
気筒寸法 25in 径 × 行程 34 in
最高速度 70 m/h
引張力 64,100 lbf
運用者 ニッケル・プレート鉄道
形式 S-2
同一形式両数 11
車両番号 765
廃車 1963年5月4日
レストア 1979年9月1日
現所有者 フォートウェイン鉄道歴史協会、インディアナ州、ニューヘブン
配置 インディアナ州、ニューヘブンにて動態保存

ニッケルプレート 765 は車輪配置 2-8-4バークシャー型の蒸気機関車で歴史的文化財に指定されている。

経歴[編集]

765は最初オハイオ州Bellevueに配属され、ニッケルプレート鉄道で高速貨物機関車として運用された。戦後、インディアナ州フォートウェインの東にある操車場で働いた。1958年6月14日に製造されてから14年走っただけで、動力近代化の波に押され引退した。

引退[編集]

蒸気機関車の衰退が及ぶ中、ニッケルプレート鉄道はフォートウェインのLawton公園に展示するために蒸気機関車の寄贈を要請された。市はS-2 767を要請した。理由は767は1955年公式に市の横断計画に昇格したからである。その間、姉妹機の765はイーストウェーンの機関庫に最後の走行以来、保管されていた。767は内外共にはるかに状態が悪かった。そのためニッケルプレートは1963年5月4日に765の番号を767に付け替えて寄贈し、元の767を解体した。

屋外に備え付けられて長い年月が経ち、765はあちこちがさび始めた。1972年、フォートウェイン鉄道歴史協会(FWRHS)が設立され、機関車はFWRHSに貸し出され、ペン・セントラルN&Wからインディアナ州ニューヘイブンに回送された。

復元[編集]

1975年10月25日、"767"は元の番号に戻されて復元が始まった。多くのボランティアの協力により、1979年9月1日に再び運行に復帰した。

運行[編集]

1979年から1993年にかけて10万人以上を約52000マイル、ミシシッピ川の東の16州で運行された。

1985年、FWRHSは機関車のオーナーシップを募った。

1993年末、機関車は番号をC&O 2765に変えた。

1993年の運行終了後、765はニューヘイブンの機関庫にオーバーホールのために入場した。元の走り装置は痛んでいたので再生産することになった。765の二回目の復元は2001年に始まった。

未来[編集]

数え切れないほどの工数、1000人の寄付と汗、血、涙により765は2005年10月末の週末に再び蒸気を上げた。フォートウェイン歴史協会は機関車をお披露目した。2006年3月、CF&Eによって交換された軸受けに助けられて試験走行した。765は列車の牽引を模擬するためにGP40の発電ブレーキを作動させた状態で牽引した。機関車は問題がなかったので翌年運行されることになった。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

"765 Official History" by Glenn Brendel & Wayne York. Published Fort Wayne Railroad Historical Society, Inc.