ニック・バン・エクセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニック・バン・エクセル
Nick Van Exel
ミルウォーキー・バックス AC
Nick Van Exel free throw.jpg
名前
本名 Nickey Maxwell Van Exel
愛称 "Nick the Quick"
ラテン文字 Nick Van Exel
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1971年11月27日(43歳)
出身地 ウィスコンシン州ケノーシャ
身長 185cm
体重 77kg
選手情報
ポジション ポイントガード
背番号 9,31,37,19
ドラフト 1989年 37位
経歴
1993-1998
1998-2001
2001-2003
2003-2004
2004-2005
2005-2006
ロサンゼルス・レイカーズ
デンバー・ナゲッツ
ダラス・マーベリックス
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
サンアントニオ・スパーズ
監督歴
2010-2012
2013-
アトランタ・ホークス(選手育成)
ミルウォーキー・バックス(アシスタント)

ニック・バン・エクセル(Nickey (Nick) Maxwell Van Exel 1971年11月27日- )はウィスコンシン州ケノーシャ郡ケノーシャ出身の元バスケットボール選手。左利きのポイントガードとしてNBAで活躍した。

大学時代[編集]

シンシナティ大学時代には3年次にNCAA男子バスケットボールトーナメントでベスト4、4年次にベスト8に進出させた。AP通信が選ぶオールアメリカのサードチームに選ばれ、ウッデン賞の候補にも名前が残った。2シーズンしかプレイしなかったが大学の歴代3ポイントシュート成功(147)、3ポイントシュート試投(411)、3ポイントシュート成功率(35.8%)の記録を残した。

NBA[編集]

NBAのロサンゼルス・レイカーズデンバー・ナゲッツダラス・マーベリックスゴールデンステート・ウォリアーズポートランド・トレイルブレイザーズサンアントニオ・スパーズで通算13年間プレイした。

1993年のNBAドラフトで2巡目全体37位でロサンゼルス・レイカーズに指名されて入団した。彼が入団したシーズンはレイカーズは再建状態にあり18シーズンぶりにプレーオフ進出を逃したが、翌年のドラフトでレイカーズから1巡目で指名されたエディー・ジョーンズと共にチームの中心選手となって再びチームをプレーオフの常連とした。1994-1995年の彼らの活躍によってレイカーズのヘッドコーチのデル・ハリスはコーチ・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

レイカーズ時代1試合あたり、14.9得点、7.3アシストをマークし、アシスト部門ではNBAのベスト10に2度入っている。1996年にはドラフトでデレック・フィッシャーコービー・ブライアント、トレードでシャキール・オニールがチームメートに加わり第5シードとなったレイカーズは第4シードのシアトル・スーパーソニックスを破ってカンファレンス・セミファイナルまで進出した。

1998年6月24日、5シーズン先発ポイントガードとして活躍したレイカーズからトニー・バティー、その年ドラフトで指名されたタイロン・ルーとの交換でデンバー・ナゲッツに移籍した。

移籍した当時、ナゲッツはドアマットチームだったがここでバン・エクセルはキャリアハイを記録、4シーズンほどの在籍期間で1試合あたり17.9得点、8.3アシストを記録した。

2002年2月21日、リーフ・ラフレンツエイブリー・ジョンソンタリク・アブドゥル=ワヒドと共にダラス・マーベリックスジュワン・ハワードドネル・ハーヴェイティム・ハーダウェイ2002年のNBAドラフト1巡目指名権とトレードされ移籍した。

マーベリックスに移ってからの彼の役割は以前より小さくなったが3ポイントシュートなどで得点源となり2002-03年シーズン1試合あたり15.5得点、プレーオフに入ると20得点近くをマークしている。

2003年8月18日、エバン・エシュマイヤーエイブリー・ジョンソンポパイ・ジョーンズアントワン・リゴドーと共にゴールデンステート・ウォリアーズアントワン・ジェイミソンクリス・ミルズダニー・フォートソンイジー・ウェルシュとのトレードで移籍した。移籍後のシーズンはキャリア最低の39試合出場、1試合あたり12.6得点、5.3アシストに留まった。

2004年の7月20日、ポートランド・トレイルブレイザーズデイル・デイヴィスダン・ディッカウとトレードされた。ブレイザーズではわずか53試合に出場し平均11得点であった。

2005年8月3日、ブレイザーズから解雇され8月29日にサン・アントニオ・スパーズと契約した。怪我のため彼は65試合にのみ出場、1試合あたり15分出場、5.5得点と自己ワーストの記録となりこれがNBAで最後のシーズンとなった。ダラス・マーベリックスとの7戦に及ぶプレーオフシリーズが終了した2日後の2006年5月24日現役引退が報道された。

ハイライト[編集]

  • バン・エクセルはボストン・ガーデンで得点した最後のレイカーズの選手となった。その試合で彼はブザービーターとなる3ポイントシュートを成功させチームを勝利に導いた。
  • 13シーズン中8回アシスト数でベスト15に入っている。
  • オール・ルーキー・セカンドチーム(1993-94年)
  • 1995年のプレーオフ、ウェスタンカンファレンスセミファイナル、スパーズとの第5戦で2本の貴重な3ポイントシュートを成功させた。1本目はオーバータイムに突入させ、2本目はゲームの勝利を決定づけた[1]
  • 1998年のNBAオールスターゲームにチームメート3人と共に出場している。
  • 2006年のプレーオフ、対スパーズ戦でベンチスタートながら1試合あたり18.9得点を記録している。
  • NBA歴代7位[2]の3ポイントシュート成功数 1,528
  • レイカーズ歴代2位[3]の3ポイントシュート成功 750

Trivia[編集]

  • レイカーズ時代のニックネームは「Nick the Quick」。
  • フリースローの際にわざとフリースローラインから1フィート(約30cm)ほど離れている。通算のフリースロー成功率は79.6%だった。
  • 1996年にレフェリーを記録員のテーブルへと突き飛ばし退場となったことがあった。この振る舞いは当時レイカーズに現役復帰していたマジック・ジョンソンにより批判された。しかしその数試合後、ジョンソンもレフェリーを小突いて退場している。
  • ティーンエイジャーの時に交通事故に遭ったため右に傷痕がある。
  • シンシナティ大学では31番、レイカーズでは9番、ウォリアーズでは37番、ブレイザーズでは19番、ナゲッツ、マーベリックス、スパーズでは31番をつけている。ウォリアーズ時代とブレイザーズ時代、鎖骨を骨折している。

脚注[編集]

  1. ^ 1995 Playoff Heroics
  2. ^ 引退当時は歴代6位
  3. ^ 2005-2006年シーズン開幕前は歴代1位、その年、コービー・ブライアントに記録を更新された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]