ニセマツカサシメジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニセマツカサシメジ
Baeospora.myosura2.-.lindsey.jpg
笠の裏側
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Homobasidiomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: ホウライタケ科 Marasmiaceae
: ニセマツカサシメジ属 Baeospora
: ニセマツカサシメジ
学名
Baeospora myosura
和名
ニセマツカサシメジ (偽松毬占地)
英名
conifercone cap

ニセマツカサシメジ(Baeospora myosura)はハラタケ目ホウライタケ科ニセマツカサシメジ属の菌類。英語圏でも一般名はConifercone Cap(マツカサガサ)である。[1]

特徴[編集]

松かさから生えている

傘の色は薄い茶色から茶色。傘に粘性はない。直径は2cm程度。

柄と襞の色は白からクリーム色。襞の数は多く密度が高い。胞子の色は白、肌色、黄色などの色である。柄の根元には長く固い菌糸の毛を持っている。[2]

分布・生息地[編集]

この種は植物類や肥料の上に育つ。また、名のとおりにマツボックリに育つこともある。アメリカやヨーロッパに良く見られる。

食用[編集]

可食。しかしながら食用にされることは稀。

参照[編集]

  1. ^ Roger's Mushrooms
  2. ^ Canadian Biodiversity

関連項目[編集]