ニジハバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニジハバト
ニジハバトのオス
ニジハバトのオス
保全状況評価
LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハト目 Columbiformes
: ハト科 Columbidae
: ニジハバト属 Phaps
: ニジハバト P. chalcoptera
学名
Phaps chalcopteraLatham, 1790
和名
ニジハバト、ニジバト
英名
Common Bronzewing[2]

ニジハバト[2](虹羽鳩、別名:ニジバト[3](虹鳩)、学名Phaps chalcoptera)は、がっしりとした体格をした中型のハトである[4]

分布[編集]

オーストラリア固有種で、非常に不毛な荒野や密生した熱帯雨林を除くあらゆる環境に生息しており、オーストラリアでは最も一般的なハトの一つである[5]

形態[編集]

体長は28から36センチメートル[3]、体重は325から350グラム[3]。オスは額が淡黄色から黄白色で、胸はピンク色[4][6]。雌雄とも、目の周りに目立つ白い線をもつ。羽にはニジハバト特有の赤、青、緑を呈する斑がある[4][6]。通常、若鳥は成鳥より鈍い色をしており、褐色みを帯びる。

生態[編集]

水辺から離れた所ではほとんど見られない。単独、番、あるいは群で行動し、一般的に用心深く人間や他の動物が近づくことは困難である[4]

種子やあらゆる植物を主に食する。探餌の際は小群で行動する。しばしば数日間探餌が続くこともあるが、ニジハバトは頻繁に水を飲まなくてはならないため、水たまりやあらゆる水場を利用する[4]

ニジハバトの巣は小枝でできた粗雑なもので、木や藪の低い位置に作られる。抱卵期間はおよそ14日から16日で、雌雄ともに抱卵・育雛を行う。他のハトと同様、親鳥は吐き出した乳状の半消化物(ピジョンミルク)を雛に与えて育てる[6]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BirdLife International 2009. Phaps chalcoptera. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.1.
  2. ^ a b 『世界鳥類名検索辞典・学名篇』、297頁。
  3. ^ a b c 『世界鳥類大図鑑』、248頁。
  4. ^ a b c d e Birds in Backyards - Common Bronzewing”. 2007年6月19日閲覧。
  5. ^ Wildlife of Sydney website”. 2007年6月19日閲覧。
  6. ^ a b c Common Bronzewing (Phaps chalcoptera)”. Australian Museum Online. 2007年6月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • バードライフ・インターナショナル総監修、山岸哲日本語版総監修 『世界鳥類大図鑑』 ネコ・パブリッシング、2009年。
  • 白井祥平編著 『世界鳥類名検索辞典・学名篇』 原書房、1992年。
執筆の途中です この項目「ニジハバト」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類