ニジェールの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニジェールの国旗
ニジェールの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上?
縦横比 6:7
制定日 1959年
使用色
テンプレートを表示

ニジェール国旗Flag of Niger)は、オレンジ・白・緑の水平三色旗である。フランス領西アフリカからニジェールが独立するのは1960年だが、既に1958年より自治国としてニジェール共和国の枠組みは成立していた。自治国成立の翌年、そして独立前年である1959年に、この国旗は制定された。独立後の歴代憲法もこの旗を引き続き国旗として定めている。

オレンジはサハラ砂漠の北部、白は純潔、緑は希望と肥沃な南部を示している。中央の円は太陽を表す。インドの国旗もよく似たデザインだが、特に関係はないと考えられる。コートジボワールの国旗も同じ色を使用している。

関連項目[編集]